忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2002

1124
一気に終わらせましたー。しんちゃん攻略日記アップした後、すぐにアランに取り掛かり、隠しキャラに取り掛かりました。
さて、アラン。
かーわーいーいー♪なんか、プレイボーイゆえに一生懸命っていうのが・・・。要は本気を信じてもらいたくて、あれやこれややってるわけだもんね。可愛いはずだ。なんだか一平と被ってる気がしなくなくもないけど。実際身の回りにいたら、避けて通るタイプだけどさ。
この人は、夢に出てくるチャドがしんちゃん似ってことを明らかにしているのよねー。ただ、しんちゃんは別に夢を見ているわけではないみたい。そうよねー。やっぱ、全部を見て、ようやく状況とか状態とか全体像がきちんと見えてくるものなのね。
アランは本編に入るまでは楽勝だったんだけど、本編でさんざんでした。結局、攻略サイトのお世話になっちゃったし。何度バッドED見た事か・・・。バッドはアランの婚約者という金髪のお嬢さんが出てきます。そんで、涙をのんできっぱり別れるという・・・。夢の方でも、出て行ったまま戻らないという、泣けもしないし、一番面白みのないバッドEDでしたよ。
反対にグッドEDですが。夢世界の方もラブラブになれて良かったって感じですね。スチルではステュ早速押し倒してますが(笑)。あれって、ほんとはエステラが上なんじゃないの?会話を読む限り・・・。現実世界もラブラブね。将来性もばっちりだし、里緒ってば素敵贅沢ライフじゃんよー。まー、そうでない里緒だからこそ、アランは惚れたんでしょうけど。しかし、あの抱っこ・・・。気を抜くと里緒、後ろにひっくり返りそうだ。それに里緒の上半身の向きも不自然だった・・・。
ステュとチャド、一緒に出てきただけあって、二人のスタンスはちょうど入れ替わっただけという感じです。ステュには悲惨さはあまりないけど。コピーノイドでもなんでもないし。一番ヌルイお話だったのではないでしょうか?

次に、隠れていない隠しキャラ花村陸。公園で鳩と戯れる不思議少年。彼を登場させるのは、メイン5人のEDを全て見た上で、9月10日の放課後の選択肢に「おまけ」を出現させそれを選択する事。そうしたら公園へ行ってあっさりと会うことが出来ます。
で、彼は一体何者かと言うと、3年前、病気で亡くなった「みるくぼーる」のマスターの息子。はい、幽霊ってことですね。しっかりちゅーもするんですけどね。
幽霊であるゆえに、なぎっち(草薙忍)も登場。美味しいな、草薙。出番が少ない、EDが二つしかないのを、ここでカバーか!?
それと、陸の弟・海(生きてます)も出てきて、これまた小憎たらしさが可愛い。陸も海も声が可愛かったなぁ。このゲームで一番のヒットでした、この二人の声。
それにしても、この隠しキャラとか、イベント、本編に何の関係もないんですけど。夢の世界とももちろん関係なし。夢の世界の話くらいちょっと入れ込んだっていいじゃんよ。差しさわりのない謎はここで解ける!とかくらいさー。ほんっとうに意味がないんだよ、この隠しキャラを登場させてる・・・。別に「Siesta」でなくとも良かろうと・・・。

そんなわけで、コンプ完了。・・・なんて、実は一枚スチルが足りていないんだけど・・・。情報によると、林間学校二日目の朝の湖のシーン。一平と空だけのものがあるらしい。2回ほどやってみたけど、どうしても出てこなかったので、もう諦めました。もういいよ・・・。
ということで、「Siesta」は箱入りでーす。小説もようやく読める・・・。
PR

2002

1123
一週間に一度の「Siesta」のお時間です。・・・どうも、「アプリコット」程には嵌れないようだ。それには「アプリコット」がフルボイスだったことも関係しているようだし、キャラクター的にもそっちの方が、魅力的だったしね。それに、「Siesta」って線が細いんだよねー。絵という意味でも、話のつくりという意味でも。間違っても、私には創れなさそうな範囲。
さて、今回は奥田真之介君をゲット。楽勝でしたー。初めて攻略サイトに頼らずにクリアしたよー♪いやー、わかりやすいひとでしたね、そういう意味では。でも、好みではないです。ちょっと愛着沸いちゃったけど。それ以上にアランの方に愛着が沸いてしまいましたヨ。
ではツッコミなど。
しんちゃんは、よく駅前にいて人助け、というか(意地悪)ばーさんの面倒を良く見ています。従って、彼に会うために足しげく駅前に通う事になるのですけど。駅傍のビルには「FIRST|LIVE」で組んだバンドのポスターが貼ってあります。初めて気付きました。サービス?
それから、その(意地悪)ばーさん。胸でかいです。ギャルゲーを兄弟ブランドに持つからでしょうか?キャラ描いた人がそういう系統の人だからでしょうか?どうしてばーさんまでお色気ムンムン(?)にするのでしょうか?
最初の日曜日、ピクニックに出かけた里緒。化粧した挙句、日傘まで・・・。あんた一体いくつなんですか!?しんちゃん的には無意味に化粧した女の子って好まないような気がします。誰の時にも化粧してますけど、そういうところ、気にいらないです。主人公としてどうかと思います。素顔で勝負しなさいよ!可愛いって触れ込みなんだからさ!!
二度目の日曜日、屋台のお手伝いに行った里緒。家から持ってきたエプロンだというのに、どうしてしんちゃんとお揃いになるのでしょうか?
夢の方ではステュ(アラン)とワンセット。別にそれはどうってことないんですけどね。二人がお互いに似てるなぁと認識したのならば、どうしてステュ=アランに気付いてやらないのですか!?
登場人物の遣いまわしは、まあ、いいとして。ジョゼットさん殺されちゃってるよ!錬金術師の卵・スージー(with涼兄=サーシャ)の叔父さんだよねー。この場合、スージーはどうなってるんだろう?夢の中でも、それぞれの里緒とつながってるみたいなんだよねー。パティ(with小早川=ジャック)の時もスージー出たし。お姫様は毎回かどわかされているし。
ステュが怪しいと感じた時に、この物語が俄然面白くなってきました(怪しいと思ったのは、ジョゼットさんちをチャドと二人で尋ねた時、たまたま一人になったエステラの前に現れて、チャドが怪しいと言った時。実際、この時は、まだ本物のステュだったのだと思うけど・・・。あ、どうかな。ロケットの件は偽ステュが仕組んだって話だったし。だとすると、既に偽だったのかも既に)。これって、アラン寄りで進めた場合、ステュが怪しくなるのかしら?想像つかないけど。
同時にアランに興味が出てきたのもこのあたり。その前に本気でエステラが好きだって分かったあたりくらいから「お?」とは思ってましたけど。そんで、偽ステュを後ろから羽交い絞めにしている本ステュに「おお〜っ」と思ってしまったんだよねー。これでアランにやる気が出てきました(笑)。
さて、エンディング。グッドEDですが・・・。こ、これでハッピーエンドなんですか!?えーとステュが実はなんとかかんとかっていう人造人間だったのだけど、それがなくなっちゃって、本物のステュが戻ってくるというんだけど・・・。それって、本物と変わらないとはいえ、今までのステュとは違うのですよ。エステラが好きになったステュであって、そうじゃない。エステラもそう思っている。そんな状態で、心から幸せになれるのだろうか、エステラ・・・。いっそ、バッドEDの方が好きです(相変わらず自己犠牲っぽいEDだけど)。星の砂ってのが、また涙を誘いますねぇ(泣かなかったけど、実際には)。バッドEDではステュが出てくるんだけど、これまたイイ男っぷりだしね。
現実世界のはちゃんとハッピーなんだけど。でも、背後からのちゅーはどうなんだ、しんちゃん?あれって、無理無理にやってるみたいに見えるよー。今まで並んで歩いてたくせにさ。いいけど。現実世界でのバッドEDは、しんちゃんは所詮お子様でしたってことよね?
さ、次はアランだー。

2002

1117
涼兄攻略完了です。
やっぱりオフィシャルなんだなあ、涼兄は。「アプリコット」はオフィシャルがはっきりしていなかった分(えー、こちらも草兄がそうであるという可能性が無きにしも非ずなんだけどさ)、なんというか、みんな平等だったんだけど、「Siesta」はそうじゃなくて、涼兄が正統ルートって創り方なんだもん。いや、それぞれに役割があってそれはきちんと謎が解けてそれだけでも納得できる展開ではあるんだけどさ。義兄妹、くっついて当然!!みたいな・・・。別に涼兄が好きでない人には不満のあるものではないですか?涼兄と一平は初夜のスチルあるんだけどさー。あとははっきり結婚してるとかさー。でも、草薙先輩とは現時点で想いが通じ合ってるだけだし・・・。ま、いいけど。
さて、思うこと色々。まずは、腕がかなり太いです、涼兄。まぁ、力はあるんだろうけど、医者だし。あんな華奢な身体しといて腕が太いっつーのもなー。あと、目悪すぎ!コンタクトを落とすイベントがあるけど、眼鏡がどこにあるかわからないほど悪いって、どんなだろう?それってかなり日常生活に悪影響を及ぼしてないか?常々思うんだけど、眼鏡をどっかにやっちゃって、それが目が見えないばかりにどこにあるかわからん、という展開をしている漫画なんかあったりするんだけどさ。ありえなくないんじゃないか?だって、物の形くらいはわかるけど?それが何なのかくらいは大体わかるけど?しかも、自分が生活している場で、それも良く使用するものでしょ?私の目の悪さがまだそこまでないってこと?そんわけないでしょ。だって、今は眼鏡はずすと、PC画面の文字すら読めなくなってるくらい悪いんだよ。絶対、眼鏡がどこにあるかわからないのはおかしい!それから、スチルの時の涼兄の顔は幼いね。サーシャにしてもそうだけどさ。
林間学校へ行く前日、お風呂場でのぼせたあと、部屋で過去の話をするわけだけどさ。この後バッドEDか!?って思わせんばかりの展開。結構あせったね。戸籍謄本を取りに行った話をして、実は血のつながった兄かもってなっちゃうしさ。その後、林間学校で涼兄が怪我したって連絡受けて(涼兄はどうあったって林間学校に参加できないから、ここではどういう展開するのかって思ってたけど、こうなるとはね。やっぱ特別扱いかよーう)、輸血の必要が出てきたときに涼兄がB型って言うし・・・。しかし、涼兄がB型ってのもあんまり・・・。ABでいいんじゃないかなぁ。
無事本編へ進むと、いきなりハードな展開。スージーは命を狙われているし。しかも、その刺客がニンジャ。なんでやねん!(笑)でも、結構かっこよかったデス。目が赤くピカーンと光ってるけどね。んで、クライマックスになってくると、歌が入るんだよ!女声での主題歌(私が好きなやつ)。ここでも特別扱いかよー、涼兄。いやでも盛り上がるじゃんよ!!
EDはグッド→ベスト→バッドの順に見ました(ベストは攻略サイト参考にしました)。グッドは二人で描かれているスチルでなかったので、ちょっと不満。一平の時は結婚式だったのにー。涼兄のは両親に挨拶に行くというシーンだったんだもん。ベストは初夜ね。バッドは、今までで一番報われていなさそうな感じ。夢世界の方ではサーシャが死んじゃっていて、まあ、なんとかワクチンは出来あがるんだけど。現実世界では、涼兄は家に戻ってくることもなく、ジョリーも死んじゃうんだよ(草薙先輩のルートでジョリーの健康というかそれがちょっと危ないみたいないわれ方をしたことがあったんだけど、ここに関わってくるのね)。しかも、今回は泣かなかったです!!本編の中ではなかなかぐっとくるセリフ吐いてくれたりするんだけどねー。やっぱ天邪鬼だから、みんなが流れるほうには流れたくないって思いがあったんだろうね。
さぁ、これで3人終了。あとはしんちゃんとアランねー。あんまり気が進まないなー。でも小説読みたいので、そのために頑張ろうかなー。5人クリアすれば隠しキャラも出てくるわけだし。

2002

1112
結構厳しいな、涼兄。
一度最悪EDまで行って、あとはチョコチョコとセーブしながらやってんだけどね。駄目だね、最初の日曜日のデートすらままならない・・・。こりゃ、攻略サイトにお世話にならなきゃなぁ・・・。

2002

1110
小説版が発売されてしまいました。一応、それまでにはコンプさせておきたかったのですけど。
今回は草薙先輩を攻略いたしました。
くそぅ。かっこいいぞ、草薙ーっ。いちいちツボなセリフもあるし・・・。一平を超えたか!?マズイ。だってさ、男らしくて、めっちゃ頼りになるかと思えば、可愛いところもあるんだもん。普段がクールなだけにそういうところが余計可愛いと言うかさ。
一番好きなセリフは、本編での「・・・最後の逃避行だ。心してかかれ」(だったかな)です。くぅ〜、逃避行ですって!!この人から、こういう言葉が出てくるのが素敵。ちなみに一番好きなシーンはバッドエンドです。ああいうシチュに弱いんです、私。悲劇のヒロインとかいうのはあんまり好きじゃないんですけど、身を挺して好きな人を守って死んでいくっていうのは、どうしても心打たれてしまうんです。どうしたって悲しいEDにしかならないのに(これまでの私の創作にもそういうシーンがいっぱいあるくらい好き)。次点は、逃避行中に草むらの影でカップルの振りをしている時の草薙の表情。凛々しい。好きな表情では、あと、照れたむくれ顔。ラッキョウ嫌いとか、苦手な犬になつかれたりする時によく見られます。それにしても、グッドエンドの時に「アプローチしていたつもりだが」みたいなことを言われるんですけど、してましたか?どの辺がアプローチだったのですか、草薙先輩?すみません、わかりません。里緒じゃないけど、私も鈍感なんでしょうか?
草薙自体は攻略簡単だと思います。本編だけとにかく神経使いますけど(結局攻略サイト見ちゃったけど)、あとは思ったとおり動いて大丈夫だったみたい。かなりマメにセーブ残してたんだけどね。
シエスタ、サントラCDも発売されるようです。兄弟ブランドから出ている「siesta」のアダルト版「ススキノハラの約束」と合わせたもので。主題歌も入るそうですが。おまけモードである程度は聴けるのですけど、CD出たら買いそうですね。ちなみにおまけモードには主題歌が3バージョンも入っています。一個は「siesta」のやつ、一個はそれのインスト、一個は多分「ススキノハラ」の方の主題歌。これが好きです。今、PCでヘビロテしてます。「siesta」の方は男声でしかも、聴き心地がよくありません。
さてと、次はオフィシャルらしい涼でもやってみますか。小説でも堂々と涼とのカップリングなんですもん。むう。

2002

1104
ほぼ2ケ月振りのプレイでございます。あー、時の経つのは早いなぁ。
そんなわけで、一からプレイ。改めて、小早川一平狙いで。なんだかさ、こういうゲームだと同級生ってすっごい楽しいんだよねー。校外の人以上にかかわりがあるわけだし。最後に林間学校があるんだけど、こういう学校行事も同級生ならではだし。しかし、そうだと、校外人である涼兄はどうかかわってくるんだろう?忍とか。ま、順次プレイしていけばわかるか。
で、今回の結果はバッドED。しょっぱなからこれですよ、うー。原因はわかっているのです。
このゲーム、主人公がやけに説明的なんですよ。周りの様子とかも、ひたすらに説明的。だから、いっぱい読むところがあるんですね。風景描写をしてくれたり、場所の説明とか人の説明とかしてくれるのは大変親切だとおもうのですけど、結構ゲームで活字を読むのってきついんですよ。小説なら平気ですが、画面上の活字を追うのって大変。「アプリコット」は結構あっさりだったし、上手に説明されていたしその手のストレスはなかったんだけどね。情景描写もうまく使えば雰囲気の良い作品になるとおもうのですけど、なんとなくわざとらしくって苦手だったのよねー、これ。別にそこまで事細かに説明しなくてもいいからさ、夢の中ではあんまり説明なくっても、状況わかったり状態わかったりしたんで、別に日常もそれで良かったんじゃないかなーと思います。
そんなわけで、説明部分はかなり勢いですっとばしてました(初プレイでそんなことしていいのか?と思うのだけど、別にきちんと読まなくても内容がわかるのだから、いかに説明的セリフが不必要かわかるってもんですよ)。で、セリフもすっ飛ばしたりして、ひたすらEnteキーを押し続けていた結果、数少ない選択肢で明らかに間違ったほうを選んでしまっていたんですね、しかも2回も連続して。こんなわかりやすい選択肢のゲームなのに・・・(難易度はめちゃめちゃ低いと思う)。
以降、グラウンドへ行っても一平は現れず(グラウンドへ行けば一平がいる。一回河川敷でお弁当を食べた事があったので行ってみたら、そこには真之助しかいなかったので、失敗した)、林間学校では肝試しのパートナーは空だったし・・・(多分、仲が良ければターゲット・・・じゃなかった、意中の相手といけるんではないかと思う)。なんとなく半端に仲良くしてしまっただけに終わったよ・・・。あの、バッドED、そうとうむなしい・・・。
今、ゲームパッケージの裏を見たら、見たことないスチルとかあったりしてさー。まだまだだったねぇ。
内容に触れます。夢と現実がリンクしているわけですけど。夢の中でたまーに赤字で表記される言葉があります。これはヒントなんですね、現実ではどんなところで会えるのかという。・・・あんまりいらないですが。少なくとも意味のないヒントでした。そんなの、普通の会話からだけでもわかるもの。親切設計で至れり尽くせりなんですけど、あんまりやられると無粋だよー。
それから、携帯での恋占い。ここほどわかりやすい選択肢もないでしょう。ここで、彼の好みそうなものを入れてあげればいいんだよねー。たったそれだけのことなんだよね。そんでそれらは、そこまでのイベントの中にちゃんと出てきているんだもん。
とりあえず、丁寧にやれば間違うことなくハッピーエンドだと思うのですけど。そんなわけでリベンジ。一平をなんとしても落とします。キャラ語りはその後。

**************

うもー!!誰よ、難易度低いって言ったの!(自分デショ)今回も駄目だったんだけど!ううう。どうやったらいいのかしら。現実でのイベントも全て成功させて、夢イベントも全部見なきゃいけないのかな?どうやったら夢イベント全部見れるんだろう?あれってランダムじゃないよね、多分出現条件あるよね。昼間会ってなかったら見られるのかしら?うう・・・。攻略サイト探そうっと。

**************

泣いた。
攻略サイト様の手を借りて、一平ED全部見ましたよ。しょっぱなから選択肢間違ってましたさ。正しい選択していったら、きちんと夢も出てきましたよ。
一平君。どうしても、「耳をすませば」の聖司が被ってきてしまいます。声の棒っぷりが似てるんでしょう。くそう、下手だぞ、セリフ。なんだかなぁ。そこんとこ、重要なんだけどなぁ。
しかし、キャラとしては、かなり可愛いです。結局、自分に素直だし。見ていて可愛い。実際にいたらどうかとは思うけど、里緒とすごく楽しそうだったのが、またいい。私的に好きだったのは、サッカーの試合で負けた後の泣いてるスチル。ここがジャストミート!!悔し涙、いいですねぇ。男だ。そんで、この後、事実上の恋人同士となるのね。早いよ、展開。あと、夢の方での最終日(本編ってなってたっす、セーブ画面。本編て何だ?それまでの2週間はなんなんだ?)、何度唱えても、元の世界へ戻れない二人。覚悟を決めたジャック(しかし、この人の名前、切り裂きジャック「ジャック・ザ・リッパー」を連想するような名前だったな)との別れのシーン。・・・ここでめちゃめちゃ泣きました。切ない〜。絶対帰ってくるって言ってさー・・・戦争に行くのにさー。ちゃんと笑ってんだよ、ジャック。男だよ、さすがだよ、一平・・・。思い返しても、涙が・・・。
あと、一平とのバッドEDも、泣きましたよ。現実世界でのアメリカ留学の方も泣けたけど(今更身分差とかないとおもうけど・・・)、夢の世界でもジャックが戦死したって知らされるところ。ネームプレートのくさりにどんぐりも通されていて、それが形見というのが、これまた切なくてね・・・。
思うけど、あの5人の中で、一番ハードで悲しいのってこれじゃないかなぁ。涼兄の人気はすごいけど、実際どうなんだろう?現実世界のは結構切なそうだけど・・・。ちなみに、一平人気結構ないみたいなんだよねー。サイトが少ない・・・(そもそもsiestaのサイト少ないけど)。いいのになー、ちえっ。
さて、肝心のED。一平にはベストとグッドとあるんだよ、ハッピーエンドでも。ベストは結婚式の翌日の朝、一緒にベッドを共にしたあと。裸でシーツに包まっています。うひょー。いいねぇvんで、グッドは結婚式のシーン。また、子供つくるのに頑張ると平然として言っている一平が可愛いです。しかし、この二人、当時から少なくとも6年は経ってると思うんだけど・・・成長してないよ、外見的に。
それにしても、選択肢を結構間違えてたことを知りました。ちゃんと進めば出てくる、出てくる、おいしいイベント。しおんと過ごすのが当たり前だと思っていた休日がひっくり帰ったもんね。まず、一平とプールな日曜日(人工呼吸付)、一平の試合な土曜日(一平の涙付)、一平の誕生日な日曜日(告白付。それにしてもここの選択肢はいただけなかった。なんで、フェルト人形?クッキーの方がいいよー。いくら里緒が料理下手だからって、食いしん坊の一平だよ?里緒のなら多少焦げてたって食べるよ、一平なら)、一平と肝試しな林間学校一日目(乗馬で暴走した馬を止めてくれるイベント付、間違った選択肢なら調教師のおっさんの役目)、一平と公衆の面前でちゅーな劇をした林間学校二日目(まんまとシンデレラと王子様でした。選択肢を間違ったままだと、馬役・・・)。
ふ〜、おいしかったわ・・・。同じ学校ならではよね?そうそう、林間学校では忍もくっついてくるんだよ、正しく忍の選択肢選んでれば。なんか、引率で。こうなると、涼兄だけがこれないわけね、多分。
しかし、あんまり嵌れないと思ってたけど、結構はまっちゃうかもしれないよ、一平だけだけど。・・・だってさー。アランはあんまり好きじゃないし(しゃべり方が)、真之助もちょっと・・・、涼兄はどうなのかしらね?とりあえず、次は草薙忍でいくとしますか。・・・そのうち。
あ、スキップ機能を発見しました。画面で右クリックするとメニューが出てきて・・・そこにありました。何度も見てたのに気づかなかった・・・。

2002

0907
手元に来て、1週間?それ以上か。ようやくプレイ開始です。
基本的なデータをあんまり入れていないので、ゲーム期間がどのくらいかとかは判らずに進めていますが、9月3日から9月18日までの半月のようですね。その間に、現実界と夢の中で出会う男の事ラブラブになること!それがこのゲームの目的です。
とりあえず、見た目的にも、声的にも好きなキャラがいないので、とりあえず始めてみる。事にします。最初に出てくるのが「小早川一平」。同級生で、サッカー部のエース。主人公とは「喧嘩するほど仲がいい」。一平君、好きな子をいじめるタイプ。顔を赤くして話したりするのが可愛い。こういう関係はツボなんだな〜(一平の喋り方とか聞いていると「耳をすませば」を思い出します)。ということで、一平!と思ったんだけど。のっけから選択肢を間違いまして・・・怒っては駄目らしい。冷静になりましょう。ま、そういうことで、まだ一度も夢に出てきてくれていません。このまま、もう出てこないのかもー・・・。うう・・・。でも、もしもにかけて、そのままゲームは続けます。
次に登場するのが「草薙忍」。メガネのクール君。あんまり好きじゃないなー。でも、選択肢が正しかったお陰で、既に夢に登場しているようです。まだ夢の中で姿を見ていませんけどね。
そして、巷で噂の義理の兄、涼兄。声が、おっさんだ・・・。えらいこと落ち着いた声だよ。私はいまんとこ、どうでもいいかも。でも、2回も夢で会ってるけどね。
声優陣は知らない人ばかり。一平は知ってるけど・・・ガオレンジャーで特撮出なんだけどさー。ま、長崎の人だし(どうでもいいか)。今までのゲームって結構声優さんに恵まれているので、改めて今までのゲームの声優さんって上手なんだなー、と認識しましたよ。
一日が長いです。結構時間かかるかも、このゲーム。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP