忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2010

0217

東北弁を操る、見た目は外国人、中身は純和風なグラマラス美女。金髪に似合わないから………と着物を着るのを躊躇う女の子。このイベントが心憎いvvv お正月も夏祭りも着物を着てくれないし、これに関するイベントを取りこぼしてんじゃないかと不安なままEDを迎えたら、伝説の木の下で着物を着て待っている(卒業式が終わってから速攻着替えたのか? というツッコミはさておいて)というのが良かったなぁ~~~♪ ああ、ここで生かしてきたか! と。
結構楽しかったな~~~v 下校イベントで3歩下がって………とかいうのをやってるのが超可愛かった(*>v<*)
実は正直、最初はきっついな~と思ってて、攻略がここまで伸びたんですけどいやはや、細かいイベント満載で楽しかったんですよ! デートで絡まれたときには、一度は手を出したらいかんと我慢してるのに、結局一撃で伸しちゃったとか(カッコイイ)、ちょいちょい微笑ましいイベントがありました。
惜しいのは、2年生からの登場になるので(2年生になるまでに登場している女の子が2人以下だとクラスの転校生として強制的に知り合うか、剣道部に入っていればそこで知り合える)、私のまめまめしさだと修学旅行の夜に間に合わないってことでしょうかね。布団に隠れるあのイベントが見られなかった………。あるんだよね?

そうそう、今回途中からめんどくさくなったので、登場させられる女の子を全部登場させてしまいました。(隠しキャラは除く)
最後の方はデートの連続でちょっとうんざりでしたが、なにもしてないのに勉強できてスポーツ出来るだけで、周囲のあの惚れよう………これまでに最高の9つのチョコを貰ったりもしました。
あ、また交換日記の君が出てきたんだよね………。登場タイミングは周回ではなかったってことか。1年生の段階で女の子が3人? 4人? 以上で、ある程度仲良くなっている子がいることが必要なのかな? 全然わからぬ~~~(>_<)

PR

2010

0210
天才音楽少女です。どの辺が天才かというと、作曲をこなしてプロみたいなこともやっているのですが、何より何でもかんでも音楽用語に置き換えて表現するというあたりでしょうか。最初は面白いのですが、あんまり何でもかんでもそういう表現をされるとなんというかちょっとウザ………(^_^;)
可愛いんですけどね~~~v 声とか可愛いですよ~~~vvv
この子の告白も好きだし。さすが天才音楽少女なので、曲を作って告白をしてくれたのです! そこら辺はひねりもないといえば、ないんですけどもね、でも他の人と違うのが良かったです。告白は音楽室でした。

そうそう、てっきりこの子は吹奏楽部に入れば出てきてくれるもんだと思っていたので、毎日毎日せっせと部活をしていたんですが、芸術70以上(? 数値を忘れた)でしか登場しないんだもの~。しかも吹奏楽部に入りたそうなところまで行っておきながら入部することはなかったので(まぁ、輪を乱しそうではある)部活で青春って感じはなかったです………。
ただ、部活は頑張ったので最終的に音楽家になってウィーンに留学しました。音楽家はいいけど、漠然としてて結局なんになるつもりなのかわからんのですが。
それにしても、特技システム。これ助かります~。コマンドの成功率が上がったりするので、ちょっと頑張れば頭良くもなるし、運動できる子にもなれるし。アイテムでの数値アップも可能だし。いいシステムですね~v

あ、今回は久しぶりにハルちゃん登場。発生条件がやっぱりわからない………。2年生の4月までに登場していた女の子が2人だったのが関係してる? でも、前の時のことを覚えていないし………。出てきた時を逃さないほうがいいんだけど、登場が遅れた分デートしまくってなんとか傾かせ始めていたところだったので(ムキになっていた)、乗り換えるのもな~って。それに交換日記だけでやりとりして、ホワイトデーくらいしか具体的なアクションは出来ない中で、頬を赤らめている女の子を放置するのはやっぱり出来ないよな~。


※追記※
ハルちゃんは4周毎に出るのかも! ということは………今新たな周回に入っているのですが、それをのけてもあと3周しないといけないのか(^_^;)

2010

0207

化学部の一つ先輩。先輩が二人いるのですが、こちらの先輩は微笑ましくて好きです。年上故の素直になれなさが可愛いです。ツンデレっちゅーのとはちょっと違うよな………。
意外に家庭的なのも好ポイント。
しかし、誕生日にくれるサプリはプラマイゼロというかむしろマイナスに近かったりして使えないものが多いんでした(^_^;) あと、特技の「強制サプリ」は龍光寺さんの「眼光」なみに強烈で、体力を削られるのは勘弁願いたいところでした。

実は郡山先輩を攻略している途中で、ちょっと他のことに気を取られて、10日間くらい放置していたら、さすがのPSPも充電が切れて、データが無くなりました(;_;) PSPは途中で電源を切っても入れ直したときに続きから始められる利便性にかまけて、データ保存していなかったんですよね~(^_^;)
というわけで、一からやりなおし………でした。
でも、あんまり苦にならなかった。時間が開いていたせいでしょう。だったら、龍光寺さんの再チャレンジも今なら出来るかも(星川さんに邪魔されたのが相当尾を引いている)。でも、今は今回ようやくまともに登場した響野さんを攻略中~。
しかし、登場させるのがちょっと遅れて、出遅れた感があります(^_^;) ま、この話は次回。

2010

0121

龍光寺さんとの蜜月を返せ~~~(*`Д´*)//
何で、あんたが伝説の樹の下で待ってやがんだ~~~! 1回はちょっと最後に愛想を振りまいたのがいかんのか? と思って、セーブしていた2月の中旬からやり直したけど、同じ結果でした………。
バレンタインで最後にチョコをくれたのも龍光寺さんで(ラブ度が高いほど後に回るよね)、もちろんホワイトデーは龍光寺さんに特別なのを返したし! 何より、そのセーブデータのお顔は龍光寺さんだったんだよ!(一番仲の良い子がセーブデータには出てくるよね)
なのになのに何であんたなの~~~!? 最後の告白されているのを目撃するイベントで巻き返されたのか!? でもあれ自動発生するんだもん! どうしようもないじゃん!!
龍光寺さんってなかなかガードが堅くて、初登場自体は早くても、河原で遭遇するまでに時間がかかってね。しかも、龍光寺さんを狙っていくぞー! と思っていた今回はより遅く、2年生の春頃でようやく名前が判明という………。で、そっからぐいぐい追い上げようと思うんですが、これまた他の子よりなかなか打ち解けてくれなくてね。頬を染めてくれるようになったの、3年生の夏前ですよ。ビターEDも覚悟したんですよ。必死でデートの回数を重ねて仲良くなっていって冬くらいにようやく安心したところだったのに、だーいーなーしー!! 余計に悔しい。
ほんと、星川さんは惚れっぽくて困る。特に何もしてないのに勝手に惚れてくれる………。しかも登場させないでいるという選択肢はないし。
ほとんどのイベントを見た後で、もう1回って結構きついんだぞー! でも、龍光寺さんは好きなタイプのほうだったからいいかー。ただ、龍光寺さんは超セレブだったけど、組のお嬢とかだったらもっと好みだったのになー。

さ、気持ちを切り替えて次の子にしよう。龍光寺さんはまたちょっと置いておきます。次は………化学部の先輩にしようかなぁ。それか、まともに一度も登場していない(多分、名前すら知らない)音楽女子にしてみるかなぁ。あと残ってるのって、先輩2人と音楽女子と仙台弁女子とハルちゃんかな。あとはビターED。主人公のキャラクターを特化してみたいという欲求もあるのであと最低でも6周ね。

2010

0117
順調にED獲得中。でもスチルは完全ではありません。

さて、今回は女子サッカー部に所属する、一人称が「ボク」の前田さん。呼び名を変えるチャンスがなくて、ずーっと前田さんでした。一稀って呼びたかった………。実は料理が大得意。本人の口から語られることは無かったんですけど、お母さんを亡くされているようで、家事をやってきたお陰です。しかし、自分のことをボクって呼ぶのは………どうにかしたほうがいいです。それから、着物や浴衣、可愛い水着の時の髪型がかなり気になります。どうなってんだ、あれ。そしてイマイチ。
そういや前回触れ忘れたけど、柳さんのファッションセンスもイマイチ。前田さんは仲良くなってからのお洋服が大変好みでしたな。

最初からこの子に狙いを定めていたので、サッカー部に入部。最終的にプロサッカープレイヤーになりました。う~ん、ゲームだから当然ですが、不景気が関係ないみたいで、なりたいものになれるのが羨ましい限りです。

次はどの子にしよう………気になってる子がいるんだけど、根性が必要なのと、勉強も出来ないと厳しいかも? と思うとなかなか後回しになっちゃう………星川さんよりハードル高そうなのだよね、龍光寺さん。

2010

0116

放送部のアニメ声でおっきな胸の同級生。甘いもの………というより食べるのが大好きで、その分幾分かぽっちゃりしていらっしゃる。
告白は放送部員らしく、視聴覚室に主人公を呼び出して放送で、というものだったのですが若干ぬけているところもある彼女はうっかり校内放送のスイッチを入れていて、全校生徒の前で告白したようなものになってしまったという………ある意味めちゃくちゃ少女マンガチックでドラマチックでした。
ちなみに、放送部に所属してアナウンサーになるためテレビ局に就職しました。放送部は文系・理系・芸術のコマンドがバランス良く上がっていくので、全体的にまあまあな子になりました。だからというわけではないと思うのですが、また星川さんに惚れられてしまいました。今回はうっかりすると柳さんと逆転してしまうんではないかとはらはらしましたよ。

今回、ようやく初登場したのが化学部の先輩。えーっととても高校生には見えず。OLっていってもおかしくないかもしんない。でもちょっと面白そうな人です。

あと、隠れキャラ? 交換日記の相手が登場。ハルと名乗っていて、交換日記以外にはバレンタインとホワイトデーのやりとりが出来るくらいしかないんだけど、う~ん、登場条件がわからないな~。4周目だから? コマンドは関係なさそうだけどな………。
次も出てくれるかな~。まだ彼女の正体は知りたくないので………最後まで取っておきたいのだよ~。

次は前田さんにしてみたいところ。今回のプレイで原付バイクのイベントがあったのが思いの外楽しかったし、気持ちいい性格してるみたいだから。楽しそうだったんだ~。

2010

0111
文学少女というより読書好き少女な語堂つぐみ。一応ツンデレ。読書好きのツンデレって何だろう?
それはともかく、彼女が確実にいる文学部に入部、途中から喫茶店でバイト。この喫茶店が彼女の実家だとわかったのが途中だったので。
文学部で頑張ったりしたので、将来は作家の道が開けそうだったのですが、喫茶店からも誘われたので婿入りすることにしました(気が早い)。そういえば、小説書いて賞を貰ったというイベントの後、女性陣の評価が軒並み上がったんだわよ。即物的だなもう、みんな………。ちなみに今回は、女性陣を6人出てました。未だに一度も見たことのない人がいますよ。どうせうれば出てくるかは大体わかっているので、わざと避けています。
EDを迎えるのはそんなに難しくないようだ、と思い始めた今日この頃。難易度から言えば、GS2くらいかな。ただ1周ではやっぱりスチルを埋められない私はマメさが足りないんだろうなぁ。狙っている子以外は爆弾出るまで基本放置ですが、狙ってる子も仲良くなったら何かなきゃ誘わないし。
そうそう、語堂さんは名前の呼び方を変えたんだ! つぐみさんにしてみました。なんとなく。
星川さんは、今回なんで惚れられたのかわかりません。結構いいところまでいってたと思う。つぐみさんと同じくらいのときめき度だったから。おかしいなぁ………前回と同じくらいの扱いだったと思うんだけど………ああでも爆発ないほどには抑えてたっけ。いやだからといってしかし何故か。やっぱりこの子はヒロインだけど落としやすいんだな。
ただ、この状況はつまり、親友同士同じ男の子を好きになっちゃったパターンですよ(^_^;) あまつさえ、EDの告白でつぐみさんはこの気持ちって何だろう的なことを星川さんに相談しちゃってますよ(まぁこれは2位以下の子のときめき度なんて関係のない固定台詞だからしょうがないけど)。相談されちゃった星川さんは笑うしかないだろうなぁ………。もし、同じ男の子を好きだってわかったらまずつぐみさんが身を引こうとして、それは違うでしょ! って星川さんに叱咤されたりするんだろうな。正々堂々とお互い好きでいいじゃないって。
そうだ。つぐみさんは伝説の木の下ではなくて、図書室で告白してきましたよ。
そして、手をつなぐまで時間のかかった子でもありました。悔しくて、暫く頻繁にデートに誘ってました(^_^;)

さ、次は誰にしようかなぁ。放送部のあの子にしようかなぁと思いましたが、不良っぽい子もなにやらありそうで、ちょっと楽しそう。どっちかにしようかと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP