忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2006

0723
終わった………終わりましたー!! 本日ようやくEDを迎えました。
長かった〜〜〜! 62時間くらいかかっています(時折数時電源入れたままで放置していることもあったから、実際にはもう少し短いかな)。大体2ヵ月半くらい。

やり残しはいっぱいありますよ。サブイベントとか、はぐれ珠とか、基本的な筆技13種はストーリー上手に入りますが、そこから派生している(二式とか三式)で手に入れていないのもあるし、骨董品も全部揃っていないし、意外と頑張って宝箱とか探して開けていたような気がするんだけど、まだまだでしたよ………。

クライマックスに登場したウシワカは相変わらず肝心なところで役に立ちませんが、アマテラスにとって重要なスタンスだったことに驚いた。じゃあなんでこれまで何度か戦ったのか。ごめん、アマテラスほど簡単には信用できなかったよ。

ラスボスに至る全ての戦闘は時間はかかっても、苦労はしませんでした(時間がかかるのはいつものことなので、苦労という感じはしないんです)。むしろ苦労するのはダンジョンの中で、筆技を巧みに使っていかなければならないんですが、これが使いこなすまでが苦労の連続。上手いこと筆技を使うように計算されて作られているから、良くできているゲームなんですけど、不器用な人にはなかなか………。ほとんど偶然と力業で乗り越えてきましたよ。
筆技というのは面白いんだけど。とにかく慣れですね。最初苦手だった花火も途中からは楽々描くことが出来るようになっていたし。

そういえばイッスンの故郷でなんとか婆さんに落款を作って貰えることになるんだけど、これは結局どこで手に入れられるのか? と思っていたらEDテロップ後なんですねぇ………。物語には何ら関係なかった………。そんなことならもっと考えたのに。だって、「犬」って描いたんだもん………。

2周目に入りやすい終わり方でしたが(データ引き継ぎとか)、もういいかも………。2周目だからさくさく進めるかもしれませんが、ダンジョンの中では苦労しそうなのが簡単に想像できるので。
PR

2006

0717
大神。少しずつやってはいますが、週に1度、しかも数時間だけという状態。技が増えるのは楽しいことなのだと思いますが、それを使いこなせなければただストレスが溜まるだけ………という状況に陥っています。

ジャンプ、下手なんだよ!(八つ当たり)

少しここに書くのをさぼっていた間に、わりかしストーリーとしては進んでいるんじゃないかと。
鬼ヶ島をクリアして、ナカツクニをうろうろして、今いるのはイリワク神殿の中。カムイ〜ヨシペタイ〜ポンコタン〜ヨシタペイ奥地〜100年前の神木村〜100年前の十六夜の祠と過ぎてきたので。
もう、早くEDが見たいです。サブイベントがもうどうでもよくなってきました。2周目3周目とか無理です。

筆技も13種類全て揃いました。
一番好きなのはやっぱ桜花ですね。
逆に一番嫌いなのが壁足。ジャンプも苦手なのにそんなに上手いこと壁ジャンプができるかっつー………。
イリワク神殿ではここで詰まっているのですねー………。上手くいかなすぎて、今日のプレイは止めた。
火を背負った蜘蛛の背中を飛び移って上に登っていくのはいいんだけど、失敗すると落下。で、落ちたところからのやり直しになるんだけど。
何回かやってると、その蜘蛛が出現しなくなることが。
最初はあんまりにも私のやり直し回数が多いので、ゲームオーバー的なことになったのかと思っていましたが、どうやら違うようで。
ちゃんと(?)進んでいるのに、にっちもさっちもいかなくなる、というのはバグではないかと。
これに2回もやられちゃったら、やる気なくしますよね。ね、ね?


それにしても戦闘が面倒くさいので避けていたら、お金が足りなくなりました。
お金を投げ入れて新しい技を覚えることも出来ません。
大金落ちてないかな、どっかに。
骨董品売ったって高値の物は手に入りにくいんだって。
なんだかなぁ。結局世の中金ですかー………と変な感想を抱きつつ。
また次回。

2006

0624
良かった。鬼ヶ島が無くなっても、竜宮城にも行けそうだし、まだまだいろいろ回って遊べそう。またしばらくはサブイベントこなしかな。

しかし、前回のプレイの時からそうですが、行程の途中で生死が切っても切り離せないものになってきましたね………。
ヤマタノオロチと対決するまでは誰も亡くなることなんてなかったし。スサノオだって何度も死んだっておかしくない目に遭いながら無事で乗り越えてきたんだし。
だけど、既に身体を乗っ取られていたボイン姉とか、ヒミコ姉とか………。鬼ヶ島でも否応なく追いかけっこをしてくれたかみっぺらの最期は、無性に悲しいものが………。
こういうゲームにはつきもののこととはいえ、こういうことがあるからこそゲームに深みが増すのかも知れないとはいえ………。


ところで!
釣りの裏技を入手しました!(ネットの海へ潜って)
ありがとう〜〜〜(>_<)
めっちゃめちゃ釣りが楽になったよ! カジキマグロだって簡単に釣れちゃったよ!!
力ゲージ(顔マークがあるほう)の緑ゾーンの真ん中当たりまで一気に持っていくと、あとは素早くスティックを左右に動かしているだけでいいんだって。
それだけのことで、体力も使わずに大物が釣れる! 素晴らしい!!

2006

0618
何をしているのか、何をどうすれば効率いいのかとかいうことを一切考えずにプレイをしているので、大変無駄は多いし、何故攻略出来たのかもわからないままということが、時々あります。なんかもうやけくそに近い?

そろそろ、いろいろやることが多くて後で見に行かなきゃならないものもあったりして、記憶力がヤバイです。最初の頃やっていた宿題みたいに書き並べておけば良かったと、今更反省。

竜宮城へ行ってオトヒメに会ったり、水龍の腹の中に潜り込んだりした後、ようやく鬼ヶ島攻略途中です。オトヒメと別れてからは強制的に先へ進まされたので、いっぱいサブイベント取りこぼしています。
ヤマネコ亭に持っていくカジキマグロもちっとも釣れなくて(あれ、なんか攻略ポイントないですか? ほんとにもー釣りは勘弁してください)、そこで手にはいると思われる筆しらべが未入手のまま………。
鬼ヶ島にはボスがいるけど、ラスボスじゃないよね? 大丈夫よね? この後もフリーで動けるよね??
それが心配。

2006

0611
週に1日しかプレイしなくなりました。だから、ちまちまと、ほんの少ししか進みません。この調子ではクリアまでまだまだかかりそうですよ。サブイベントも終わってないのが数々ありますしね。

さて、今日は打出の小槌で小さくなって西安京の障気を払うところから、龍神族の國へと向かうために両島原北へ入ったところまで。
打出の小槌で小さくなって宝帝の屋敷内へと忍び込んだわけですが、蜘蛛の背中に乗ったり降りたり………。便利ではあったんですが、何なんだそりゃ。しかも、宝帝の寝所では蜘蛛が好き勝手右往左往していて、しかもその背中の皿に飛び移りながら高みを目指さなくてはならなくて、やらなきゃいけないことは解っていても、コントロールが悪くて何度も落下していました。でも、まだここで落下しているうちはいいんですよ。この後、天井の梁を移動することになるんですけど、これまた振り子の動きをする蜘蛛とか皿を持っている癖に乗っかったらやたらと動きが速くなる蜘蛛の上から移動したりするのに、何度昇天したことか………、両手両足の指の数では足りないくらいですよ。ここで神骨頂をいくつ費やしたことか。平均台苦手なんですよ。リアルでもゲーム内でもさ!
ボス戦のほうがなんぼも楽ですよ。
ところで、小さくなってここの庭で破魔矢のあった後ろに割れ目があったんだけど、これって結果的に届いたものなのかしら? すんごいジャンプを頑張ったって届かなかったし、花火は効かなかったし(描くのが下手で届かなかっただけ?)………放置で良かったのかな? 破魔矢に気づいて貰うだけ為のもの?

で、ここで何故か囚われていたカグヤを助けて、今度はカグヤを追って移動。カグヤのイベントを片付けないと、西安京の奧にいるヒミコには会えないので。
その前に、西安京でサブイベントを片付けていたんだけど、殆ど片付いていない………。すんなりいったのが花咲爺さんのだけで、あとはもう………。蓮の葉で人を連れて行くのなんか、怒られる始末。2度チャレンジして2度ともタイムオーバー。風吹かせるの苦手なんだよ〜(>_<) 思い通りに進んでくれないんだもの。あと、スリのやつも。1回目は難なくクリアできたんだけど、2回目がもう駄目で。一閃と火はいいのよ。水郷が使えない! 水路から水を引けばいいんだろうけど、どこの水路から引けばいいのさ! なかなか追いつけないし。見つけられないし。夜は短いし。何度も何度もやって駄目だったので、放置。

カグヤのイベントを終わらせて(また穴掘りがあった)、ヒミコに会ってなんとかの砦の鍵を貰って、その砦がどこかさっぱりわからなくて無駄に両島原の海を泳ぎ(岩場まで渡った。いくつか宝を回収した)、結局西安京を出てすぐ左側の道を行けばいいだけだったという………。

次は龍神族の國に乗り込んで、でどうにかこうにか海にいる龍神を抑えて鬼ヶ島へ行くことになります。

2006

0605
ちまちまとしか進まなくなりました。
進めなくなった、と言いましょうか。
前ほどの熱中力がなくなったというか。飽きた、というわけではないのですが、いろいろ複雑になってきた感じがするのですよ〜。攻略サイトさんなかったら何度も立ち往生してますよー!

ちなみに前回言っていた通り、道場で入手出来るだけの技を入手してからこれまで回ってきたところで、宝探しをしてきました。………あんまりなかったけど。草の山とか岩とか変な色の岩とかはやっぱりどうしたらいいのかよくわからなかったし。出来たのは卜占ババの建物のうしろの崖の上にある宝箱を2段ジャンプで取ることと、高宮平の関所の傍にある光が零れている石の台を深く掘ること。あと、地面の固かった神州平原のも出来たけど、クローバーが出てきただけでした。

今は難破船の探索を終えたところなんだけど、難破船には泣かされたですよ。月を空に描けばいいことはわかったんですけど、にっちもさっちもどうにもこうにも書けない! 視点を上向きすることはわかるんだけど、それじゃ足りない。どうしたもんかと投げやりになりつつ攻略サイトさんを探ってみれば、なんと筆しらべ時に右スティックで視点が大きく変えられることを初めて知りました! 取説を読んでいないことバレバレですか? 今まで高いところで筆しらべを使うときにはいちいちジャンプしていたのに、そんなことしなくても可能だったんですねぇ………。
そういえば、あと一つ自分で見つけた便利技(でも、オリジナリティはないと思う。他の人も簡単に思いつきそうだし、私は偶然に見つけただけだし)。水の上で蓮の葉を浮かべて溺れないようにそれに乗りながら移動することがあるんだけど、筆しらべで風を起こせば、その方向に進むんだよ。蓮の葉を描いて飛び移るより楽だったよ、私には。ただし、広いところではあんまりお薦め出来ない。一番上手くいったのは道場に行くときでした。

そうだ。今日はミニゲームにも泣かされ、弁慶の釣りではコントローラーを放り出したくなるほどまで失敗していました。弁慶は力持ちのくせに何で釣りの時の踏ん張りが効かないんだろう。今度出来なかったら今日はここで止める! とまで思ったら出来たんですけどね。そういや、弁慶と牛若の絡みってこのゲームでもあり得るんだろうか?
あとは、水源を掘り当てるやつも何回もやり直したなぁ。でも、これは何だか好きなゲームなのであんまり苦にならなかった。そういや「ミスタードリラー」みたいなのだよね、このミニゲーム。ドリラーもちょっと楽しくてはまったことがあったっけ。

次は西安京で、障気を吐き出しているところに打出の小槌を使って小さくなって乗り込むところからです。

2006

0528
あんまり進んでいません。やっている内に目が痛くなってきて中断したり切り上げたりしましたし。

まず、十六夜の祠でヤマタノオロチと対決。8つの頭がそれぞれに火だの雷だの水だのの得意技を持っているのがやっかいですが、水郷の筆しらべを使って2回ずつ酒を食らわせればへばるので、中心の鐘を壊した後、更に酔っぱらわせて1頭ずつ倒していけば良いのですが………満身創痍でした。まさに「肉を切らせて骨を切る」作戦。酒を食らわせるタイミングというのがあって、それは攻撃してきた後なんですが、大人しくその攻撃を食らってから酒を飲ませていました。相変わらず神骨頂使いまくりです。

ヤマタノオロチを倒した後、めでたしめでたしとなるわけでもなく、アマテラスはさらなる旅を続けるため、一路都を目指すのですが、今は両島原というところです。
次回は道場で習得できるだけの技を習得したら、またナカツクニに戻ってうろうろしようと思います。深く穴を掘る技を入手できたし、二段ジャンプも出来るようになったから、高いところにあった宝箱とか、固い地面の中から光っているのとか、葉っぱの山とか変な色の岩とかいろいろ試してみようと思います。

こんなことしてるから、なかなか進まないんだけどね。今日もあちこちでサブイベントやってたほうが長いし。

そういえば、道場で入手できる技「無礼」。
ほんっっっっとに無礼だよ………。神様なのに。女の子なのに(女の子なのは関係ないか)。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP