忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2008

1017
昨夜のうちに、ですが。
無事、夢浮橋フルコンプしました~。2ヵ月くらいかかった計算ですかね~。もうちょっと短いかな。まぁいずれにしてものんびりではありました。ゲーム自体のボリュームはそんなにないと思うのですが、いっぺんにEDを見ようとするから、最終戦を各神子10通り(南北・大団円・恋愛×8)分やってEDを見ていくのに時間がかかったりしました。………飽きるんだ(^_^;) 結局都合、4周。通常EDを見ていなかったので、そのためだけにやった4周目。小箱は全て開封せずに突っ走って30分のプレイでした。これでスチルは全て埋まり、二十四葉は皆ステータスも全ての数値においてフルなんですv

で、全て見終わっての感想。
私、遙か3がかなり好きみたい。プレイ方法も好きだけど(どうしても飽きが来るんですよね、1と2)、キャラクターも好き。特に幼なじみの兄! 今回も身もだえしましたわ~~~(>_<)// ED迎えても一緒にいられないなんて………そういえば、本編の途中なんだった~~~って思い知らされましたわ。一緒にクリスマスとかきゅーんっと。譲のも兄のことをいちいち意識しているイベントだったりして、それはそれでまたきゅーん。譲には申し訳ないがやっぱり将臣×望美←譲の構図ってすっっごく好きなんだー。幼なじみ二人のクリスマスを見られただけで、満足でした~vvv あかね→花梨→望美の順を追ってプレイしたんだけど、良い順番でした。私的に。

本編で物足りないところに手が届く、というようなゲーム内容ではないですし、ボリュームもそれほどないですが、結構楽しめました。ただ。本編を知らないと楽しくないと思います。本編の恋愛イベントを踏まえているわけですし。あとは豪華にも3代の八葉が一堂に会するわけで、その美味しさ(?)がある、かな。

そして、なんだかんだいいつつ、結局なにより一番面白かったのは戦闘でした。


さ、次はネオアンSPです。久しぶりのPSP。
PR

2008

0930
実はちょいちょい進んでました。といっても、週末くらいから再開したんですけどね。2週間くらいお休みしてました。 あかねルートは終了してます。恋愛EDと大団円を見ましたし、アクラムのイベントも回収。ただ、共通スチルがまだ半分くらい埋まっていないのが気になるんですけどね………。北斗星君、南斗星君ともちっと仲良くしたりしないといけないのかしらね? 結局基本の八葉のイベントは本編になぞらえた物であるし、夢オチといえなくもなくもないようなものですもんね(でないと、本編が覆される)。そう思って楽しむにはお手軽だし、スチルは綺麗だし、楽しいかもv 私が一番楽しいのは、彼らの能力UPだったりします(そこ!?) なので、花梨ルートをやっている今、右往左往しつつ(小箱回収でね)彼らの能力UPを楽しんでいますv ちなみに私、遥2は全員EDを見ていないんですよね~。で、どこかでのネタバレで幸鷹さんが現代人だったってことは知ってはいたんですけど、本編で見る前に夢浮橋でプレイしちゃってちょっとだけなんだかなぁ~って気持ちです。プレイしていない私が悪いんですけどね(^_^;)

2008

0903
いっぺんに全てのイベントを抑えようとするので、同じ時代の八葉×3通り=24コ、異時代の八葉×1通り=16コ、全部で40コのイベントを巡ることになります。まだ全部開いていないんですけど、移動する間にちょこちょこ☆を上げていくもんだから次々小箱を開ける条件をクリアしていっていて(☆を貯めれば良い)、それを開けるだけに時間を取られているのが現状です。うはー。ちっとも先へ進まない(^_^;) 通常EDを見るべきか否か………。見ておくべきだよなー。今の状態じゃ厳しいかなー。どうせ後で星君たちを攻略するために最初からやらなきゃいけないようなので(取説を斜め読みして勝手にそう理解している)、通常はその時に見るようにして、恋愛EDと大団円EDをまずは目指します。となるとまだまだ1周に時間がかかりそうです。まだスキップも使えないしなー。ぼちぼちやっていきます。週末の福岡へ持っていってバスの中でやろうかな~。

2008

0902
順調に進んでいます。主人公はあかね。
今、八葉全員を揃えたところです。夢の小箱だったかもぼちぼち出てきています。まだ開けてないけど、頼久と天真は3つ目まで見つかっています。早いです。友情EDに関しては小箱は1つなので、それこそあっという間です。1周でかなりのEDを見られるんじゃないかと。その分なかなか進まないんですけどね。しかしながら、友情イベントに関して、イサトがものすごーく早く起こってしまったんですけど、早すぎてイベントのセリフとかがそぐわなかったですねぇ。お前だから話すんだぞ! って言われても、まだ数度戦闘を共にしただけの状態で友情も何もないと思うのですが。一緒に戦えば☆が上がるのも解っていますが、唐突感は否めないですねぇ………。もう少し、箱までの☆の数を多めにしていたほうが良かったんじゃないでしょうか。

それはそれとして、イベントスチルが美しくてたまりません! こんな小さい画面で見ているのが大変勿体ないくらいですよ!

そういえば、青龍を全員揃えたからと思って円陣の中に天地の青龍を勢揃いさせたら、予想と違って技があまり使えなかったりしてつまらなかったです。何事もバランスですな。

2008

0901
先程起動してみました。1~3までのキャラクターがいっぺんに登場するにあたり、プレイヤーは主人公歴代3人の中から選ぶことになります。やはり最初はあかねで参りますよ。他の時代の八葉とは恋愛出来ない代わりに友情エンディングなるものがあるそうで、要領良く見ていけたらとは思いますが………まあ無理はしないことにしましょう、まずはね。

それにしても音のクオリティが良いです! 雑音が入らないし、ヘッドフォンなしでも聴ける! 乙女ゲでこれは大事。半端なことされるくらいならいりませんもの。

ではしばしはまりこみますわ! おーっと、藤姫とかこのシステムとか懐かしいo(^o^)o
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP