忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2006

0925
攻略サイトさんのお世話になりました〜。もう考えたくなかったんだもの。時間も時間だったし………。眠くて頭痛いですよ。もしかしたら目が痛いのかもしれないけど。
ともかく、そのお陰で最後の主人公スチル1枚入手出来ました! ありがとう!! 何で隠しEDがあるなんてのが解るんだろう………。どんなふうに攻略したんだろう………。すごいよ。ちなみに、鏡で全ての怨霊を封じて季史の恋愛を進めていったらいいそうです。
いや、もう良かったよ!! ほんっっっっとうに良かった!
実際のところ、どうしてそうなるの? 転生? なんか違うけど、どうしてそうなるのかわかんないけど(龍神様の力?)ともかくハッピーになりそうで良かったです! ………セリフ、2行しかなくて寂しかったけど。


そんなこんなでフルコンプ!
入手後足かけ3日で攻略終了ですよ〜。驚異のスピードですよ。何もかもほっ散らかしてやったもんね。
さ、寝ます。眠くてたまりません。明日は通常勤務ですしね。早起きせねば!
PR

2006

0925
ホントに、スキップ機能でさくさく進んだ………。
3章からのやり直しなんだけど、20分ほどで済んじゃったよ………。

しかしながら! 暇なので、藤姫と会話したり物忌みを過ごしたりしたのに、藤姫とのスチルはなく(1章のやつだけですよ)、主人公スチルが最後の1枚埋まってない………! 何かしら〜。やっぱ大団円EDあるのかなぁ? 最初からやり直したほうがいいのかな。当面、それしかないよね。一応、セーブ画面にあかねの顔まで出てEDデータは埋まったみたいなんだけどな。回想録は埋まってるもんね。

2006

0925
アクラム酷い! この鬼!! あ、鬼だね、最初から。さすが悪の頭領は違うわね。
季史が可哀想で切なかったよ………。あかねが欲しい気持ちと傷つけたい気持ちがせめぎ合っているのを見るのは切なかったよ。
あと御簾ごしの会話のシーンがたまらん。スチルよりも、季史が顔を中へ向けているバストアップの絵の時のがすごく好きだ………。想いが痛いほど感じられて。
最初からこの人は生者じゃないってわかってたから、どういう結末になるのか不安だったけど、そういうふうに落ち着くしかないよね、やっぱり………。
封印とかもう出来ないって思いながらも、恋の力で(恋花降臨)とっとと倒してしまいました(^_^;) ごめんよ。
セーブがやたら多かったかも、この人。選択肢に迷いまくった………。
EDスチルはないよね………そうよね………。いない人とのEDスチルってどんなんよ………。でも欲しかったなぁ。


とりあえず全員攻略済んだけど………多分、スチルがまだ全部埋まっていないんだよね。さて、どうしたもんか。大団円はあるのか? とりあえず、誰も攻略しないEDを見てみようかな。多分、かなりさくさく進むはず。だってスキップ機能がフル活用出来るはずなんだもん。

2006

0925
八葉最後の一人は友雅です。
井上さんの声で友雅のセリフはあかんです………抗えません。めっちゃ心地いいですわ………。これだけで充分カッコイイですわ………。
しかし背後からのスチルが2/5ってのはどうよ? 侮れないというか、さすが友雅というか。
でもそんな友雅を振り回せるあかねは最高ですよ! 寝言のところなんて素晴らしいですよ! それで、御霊会の時に十二単を脱ぎ捨てるあかねの格好良さに惚れ惚れ。友雅じゃなくたって惚れるね! 友雅のスチルだけどあかねにばっかり目がいくね!
そうそう、物忌みのときの友雅へのお手紙は花を添えるのがいいですよ。白木蓮を貰えます。最初うっかり漢詩にしたら、どっかの堅物みたいにならないよーに、というようなことを言われました。

しかし、またこの人の展開が泣きそうになったよ! だから自己犠牲は止めてって! でもあの友雅が………と思うと感慨深いものもあったりしますよ。
それはそうと、危機に陥っているあかねと友雅を助けにやってきた天真が格好良かったっす。
アクラムはばっちり倒されましたね。その代わりというのもなんですが、斉陵王完全無視でした。

シリンは結局誰とも絡みもなかったですね。残念というか可哀想にといいますか。


さぁ、次はいよいよ季史ですよ!

2006

0924
友雅を先にしようかとも思ったんだけど、2章から丁寧にやり直して、鷹通を先に見ることにしました。ただ、例によって予習を兼ねて友雅のイベントも起こしておきましたが。


なんか、すっごいヤな予感が途中から………まさか、譲の時のように自己犠牲EDになりゃしないかとひやひやものでしたよ! というかもうそういう展開でしょ。
ていうか、何で気がついてくれないのか鷹通! ってすっごいやきもきしていたから、いざ、鷹通が気がついたときにはすっごい鷹通の気持ちを考えると切なかったなぁ………。
でも、遙かの初心に帰るような展開ではありました。もともとそうでしょ? 神子って龍神に捧げられるものだったわけでしょ。
最後にはハッピーエンドはお約束ですけどね。


ここまで来たら、今日中に全部のED見たいなー。いけそうな気がするよね!(そう?)

2006

0924
何故、根詰めてここまで頑張ってるんだろう私。まあいいや。

イノリ。格好良かったです! マジで。
情熱の花は赤い色〜♪
物忌みの時に告白されたし。なんかいいね、若いって!
この子も普通に恋を知るだけの展開なんだけど(お姉さんとイクティのことは一切なし。お姉さんが鬼に欺されたってことだけは話してくれたけど)、永泉のよりもずーっといい。性格の違いなんだろうね。
季史とあかねが話しているのを見て、想いを自覚するところが一番好き。んで、斉陵王との戦い後の季史を見てなんか切なくなった………。早く季史が報われるのを見たい! けど、最後まで我慢するんだ!

まさかアクラムを倒す(?)結果になるとは思いませんでした。いつものらりくらり交わされていたし、逃げてたよね。今回も逃げたのかも知れないけど、はっきりやっつけた! という手応えがありました。
しかし、今までちっとも考えたことなかったんだけど(八葉抄でもアクラムEDは見ていないし)アクラムの仮面にどんな秘密が? あれが力の源って何? そういう設定があったんだー。


只今、鷹通攻略中。

2006

0924
やはり、セフルとの関係は切っても切れないようですね。
イイお話でした。これまでの遙かの中でも、鬼との関係では一番いい展開じゃなかろうかと思います。定番の展開ではありましたが、好き。あかねと詩紋のまっすぐな心に打たれて、アクラムの計画をこっそり手紙に託して二人に知らせる辺りが、いいなぁと。もちろん最終的に和解ということにはならないけどね。
詩紋ルートですが、セフルルートと言っても差し支えはないんじゃないだろうか。
ランもちょっとセリフ増えての登場だったね。
イクティは頼久ルートで結構関わりあったよね。アクラムはともかくとしても、シリンは友雅? 鷹通? その辺りだろうね。


さ、次はイノリです。3章からやりなおさなきゃいけないのがわかっていても、予想も兼ねて詩紋やりながら途中まで恋のつぼみを開いていました。ちょっといい感じですよ! 好きかも!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP