忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2018

0721
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005

0522
最後になりました。「裏」で新しく追加された要素、男視点です。
主人公は「橋爪大地」、高校二年生。つまり、このゲームで初登場の年下! 同級生しかいなかったゲームで、いきなり年下キャラです。
でも、これがまた好感度高い子なんですよ。もうひたすらまっすぐに突っ走るもんだから、見ているこっちも気持ちいいくらい。主人公がこんな性格だから、どのルートもストーリーが良かったです。それこそ、乙女ゲー好みのストーリー展開。あのさやか相手でも爽やかでしたよ。

彼の攻略対象は奈留美、さやか、ゆかりの女性3名。ゲーム内での期間は3週間。でも、一日で行動選択出来るのが朝、昼、夜のみ。しかも、せっせと対象だけに通い続けていれば、最後のイベントを起こしてしまうと、あと何日残っていようが最終日、2月14日に跳んじゃうのでした。だから早い早いさくさく進む。
で、一気に終わらせてしまったので、今回は一遍に簡単に感想。

with ゆかり
行人を想っていながら、だんだん大地に惹かれていくゆかり。という流れ。途中でおねーさんがめっちゃ積極的になったからびっくりした。このルートだと本当に行人はろくでなしっぽいです。ただの女たらし。

with さやか
実は単純に一番好きな話です。誘惑しまくりのさやかを止めて、挙げ句の果てにその純粋さとまっすぐさで、陥落させちゃうんだもん。教師と生徒の恋とか年齢差の恋とか、まさにそのまんまなんですけどね。そのオーソドックスさが良いです。さやか編を見た後にこれを見ると、さやかの変化にもびっくりします。あと、さやかの過去もね。

with 奈留美
多分、大地編としてもメインルートなんだと思います。奈留美はヒロインですしね。でも、でもね! 大地がいいヤツなのはわかる。わかるのよ。だけども、もー邪魔しないで!
基本的にこのゲームで一番好きなカップルは奈留美&健太なので、大地ルートに入ってから二人のツーショットが増えたのは嬉しいのさ。あと大地の前で見せるやりとりとかさ。見ててすっごい嬉しいわけさ。けれども、あくまで主人公は大地。大地の恋愛が成功しないとこのゲームはクリアにならなわけだ。もーもーもー、つらかったっすよー。
奈留美と大地が仲良くしているのが面白くない健太とか、ツボでしたよ。だからこそ、だからこそ、最後は奈留美と健太にはくっついて欲しかった………。
ので。
やっちゃいました。
奈留美ルートでは奈留美編(ややこしくてすみません)の事件を最後辺りで踏襲しているんです。ストーカー事件ね。事件が起こった日には奈留美と遊園地でデートの約束をした大地。しかし約束の時間をいくら過ぎても奈留美はやってこない。家に電話してみると、制服を着て出かけたとのこと。
そして選択肢。
・学園に行く
・健太に電話する
・そのまま待つ
学園に奈留美を探しに行けば、ハッピーエンドなのはもちろんわかっていました。
が、ここは「健太に電話」しました!
こっからがもう、たまらんですよ! 健太やってくれました!! 電話で出てきた健太は必至こいて奈留美を捜して、捜しまくって、開かないチャペルの扉にもめげずに、奈留美を救出。扉を蹴破っている途中で「俺はあいつを守るって、小さい頃から決めてたし、約束もしてんだよ!」とか叫んでるし。拳からは血を流すほどまで扉を開けようとしてるし………! めっちゃいいんだよー!!(※奈留美編で健太ルートを見ているともっとぐっと来る。あっちっでは奈留美視点だから健太のもどかしさとかはっきり出ていないし。身近にライバルが出来た分、健太の奈留美への気持ちもわかりやすいし)
この間、大地はほぼ傍観者なんですけどね。よくよく考えると大地としては非常に寂しい立場にいることになるんですけどね。あまつさえ、傷口に自分で塩を塗るかのように、翌日には学園の伝説通りにチャペルの前で気持ちを確かめう奈留美と健太まで見に行ってしまいますから。つらいねぇ………。いや、もうそんなことはどうでもよい。奈留美と健太は大好きなカップリングだ。幼なじみ万歳。

これでもう満足だったんですが、そういうわけにもいかないですね。これではスチルは回収できませんから。ということで渋々(渋々なんか!)ハッピーエンドルートへ入ることに。学園に行って、奈留美を救出。そのまま家に行ってなだれ込むんですけどね。冷めた気持ちで、がすがすエンターキー押して先へ先へと進んでました。
尚、もう一つの「そのまま待つ」を選択すると、奈留美編のバッドEDと同じ展開が待っています。


そんなわけで、これにてコンプ。ゲーム終了です。
お疲れ様でした。
PR

2005

0521
さやか編ラストは健太です。
やっぱ、健太可愛いよ。奈留美への恋心も含めてね。奈留美への本気の想いとさやかへの性の興味とに揺れているのが、青くて良いな〜と。
だからさやかの選択肢でも健太の事を慮って、奈留美のことを気にするような選択肢を選んじゃう。
しかし、そうするとさやか編としてはバッドエンドなのよ。まさにそうなっちゃった。でも、いっそその方が良いよ………。
健太に教えちゃうとね、はまってくるから。奈留美がそっちのけになっちゃうよ! それまで「なる、なる」言ってた健太が吹っ切れ過ぎちゃって。奈留美が可哀想だよ! お互いはっきり表現していないものの、相思相愛だったのに。
「なると目を合わせられない」とまで言っていた健太が………。

でも、さやか編では一番マシなED(EDというよりFO的な感じですけど)だったのではないかと思います。

2005

0521
二股攻略は不可能ですね。
さやか編は短いし、時々攻略中の人がいそうな場所へ行っても空振りに終わることがあるので、そういう時に他の人を選択して進めてみたりするんですが、半分くらいしか進まないみたい、もう一人の人。
ちなみに航太郎やりながら健太をやってみたんですけどね。


航太郎、別人! 奈留美編とのギャップが凄すぎる!
ネタバレ見ちゃったので、覚悟はしていましたが、ここまでとは。二重人格か、この人は。奈留美編のあの毅然とした態度はどこへ………? 呆気にとられてしまいました。
奈留美の時は、初体験ながらも恐るべきテクニックを見せた航太郎が、あんなになるとは………。ひえぇ。
このルートで喜ぶ人がいかほどいるのか………。

2005

0517
短いのでさくさく行きます。一応ボイスONにしているのですが、さくさくかっとばしています。さやかの声割と好きなんだけど、えっちシーンの声はあんまり好きじゃないし。ちなみに奈留美の声もちょっと高すぎて気になったので、OFFにしてました。

行人とはこれまでと違って、なんかいい感じのストーリー展開でした。

途中までは。

教師と生徒の禁断の恋で。
けどさー、途中から間違った方向に進んじゃったんだよね………。私の選択肢間違いのせいではない、よね? スチル埋まってるっぽいし。
そうくるか? そういくか!?
後半は何度もそう思ってしまいました。

こちらでは行人とゆかりが付き合ってるんだけど(もちろん奈留美の絡みは一切なし。名前一つも出てきません)、この行人がねぇ、ゆかりに惚れてるのが良い感じなんだけど、奈留美編を終えた後ではなんとなーくしっくりこないんだ、私としては。まぁここで奈留美が相手になってしまうと、その後とんでもないことになってしまうからどうしようもないんですけどね。

残すはあと生徒会長と幼なじみのみ。ちょっとネタバレ仕入れちゃったので展開も読めているんですけどもね………。
短いからさくさく終わらせちゃいましょう。

2005

0517
何度も言いますが、美少女ゲーだけど乙女ゲーを求める人は、さやか編はやっちゃいけないと思います。
どうして姉妹でありながらここまでなのか………。
そしてこのさやか編を良いと思う男性ユーザーがいるのかも不明………。
ものっっすごいSですよ、さやか。怖い。怖いというか正視出来ないというか。そこまで思うならやらなきゃいいんですけどね。コンプ魂に火がついているもので(何だそれは)。さやか編がいっそ「裏」ですよね。
新谷君に対して酷い酷い。弱いものに対してここまでなれるのか………。なんかねぇ………声のせいもあるんでしょうけど、女の子いじめてるみたいでしたよ………。後味よろしくないです………。

2005

0515
奈留美編をコンプしましたので、今度は魔性の女っぽい姉・さやか編に突入です。
気持ち悪いのから先に見てしまおうということで、さやか編とは逆に攻略していくことにします。なので、まずはブタローです。

さやか編の目的はずばり青田刈り(古い?)。というか卒業間近の男の子たちとのアバンチュールですか。目的がはっきりしているんですが、ホワイトバレンタインなんて関係なくなってますよ? 乙女ゲーからもちょっと離れていますよ?
期間は奈留美と同じく3週間。だけど、さやかは非常勤講師ということもあって週に3日しか学校に行かないんですよ。1週間が3日。琢郎ルートでは土日も何もなかったので、あっという間に終わっちゃいました。

そしてその琢郎ルート。ひたすら女王様でした。愛のかけらもありませんでした。最初は妹思いの優しいお姉さんっぽくていい話(?)だったんだけどさ………本性見たり! になってからは正直引いてました………。怖いよ。

2005

0515
美少女ゲーでありながらも、乙女を求める場合はぜっったいに見てはならないルートです。はっきり言って、気持ち悪い! 見なきゃ良かったと思うこと間違いなしです。この辺がやっぱり美少女ゲーの必然なのかどうかわかりませんけども………。

近藤琢郎。通称ブタロー。ヤツは見た目通りの男でした。コイツとの(もうコイツ呼ばわりですよ)EDの奈留美はもう悲惨です。エピローグはほんっっとうに悲惨。しかもその悲惨なえっちCGが他の男の子より多いんだから、わかりません!! これなら詐欺師にでも引っかかった方がまだマシです。(いや、別に詐欺師なんてものも出てきませんがね)

ちなみにコイツとEDを迎える………というかこれBADEDになるらしいです。他の男の子との恋愛失敗したらこのEDのようですよ。他の男の子とどうやったら失敗できるのかも難しいところだと思うんですが………。
ともかくわざわざ退屈&眠いのをおしてまでコイツ一本でルート進める必要はなかった、ということです。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP