忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2018

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005

0116
熊野の男は口がうまい、その2。
途中までヒノエと同時攻略していたので、続きからスタート。最初からずっと一緒だったのに攻略が今になってしまったのは、やはりあまり気が進まなかったから………。腹に一物も二物も抱えていそうなひとはやはり苦手でございます。ヒノエも弁慶も口がうまく、しかも仲間内にすら策をばらさないのは同じなのに、どうしてこうも違うのか。いやま、別人だからですけどね。

時の流れに、ゲームの流れに身を任せておかないと回収できないスチルがありますね。さすがにここまでプレイしていると、途中で「これは上書きシステムだ」と気づくことがあるんですよね。で、やり直し出来る。でもそこでやり直してしまうと失敗しちゃうわけですよ。半端に過去を知った状態で時空を遡っても完全な修復は出来ない。
と、終章に入ってすぐに解ったことがこれ。思わずやり直そうとしたけど、思いとどまって良かった〜。そしたらその後、時空を遡ろうとする選択肢まで出ちゃったのよね。ここでそれ選んでたらどうなってたんだろう? うまく、いってたのかな? 誰か試してないかな?(じゃあ自分が試せばよろしい)
しかし、こうなるとヒノエで運命上書きがなかったのが気になる………。ちゃんとスチルは全部回収しているんだけどさ………。

弁慶もやっぱり自分を犠牲にしようとしていましたよね。さすがに彼が応龍に対してやっていたことを知ったときにはびっくりしましたが。けどねぇ。だから自分を犠牲にすればいいってもんじゃないんですよ。ええ。上書きシステムのおかげで助かりましたけどね。弁慶ほどの軍師がいろいろ考えた末にとった手段なのだから、それは彼にとって究極だったのでしょうが、やっぱりねぇ、そういう考えはねぇ………。
ただ、とても優しい人なんだと思います。裏切りはともかく、その根底にあるのは早く戦を終わらせて、平和な時代にしたいんだって思いですからね。京が荒れた一因には自分の行為だって気持ちもあるんでしょうが。

弁慶ルートで、弁慶が裏切ったと解ったときの九郎さんがなんかぐっと来ました。ほんと、軍を率いる総大将でありながら、人を疑うことを知らないなんて、なんてバカなんでしょう(言うまでもありませんが、この「バカ」は充分愛しさを含んでおりますよ)。
PR

2005

0116
ダークホース。
ヒノエを一言で表すと、私の中ではそんな感じです。
ヒノエルートに入っちゃったからしょうがないとはいえ、途中から熊野水軍を率いる彼がすっかり総大将。九郎さんを差し置いて(^_^;) 軍奉行の景時さんも策士の弁慶さんすらも………。
弁慶さんといえば、朱雀と熊野の絡みのせいか、割とヒノエと一緒にいましたけど、厳島での清盛との対戦後にしていた思案げな表情が気になりました。その後なんのフォローもなかったですけども………?

そうそうヒノエの話ですね。
完全にノーマークでした。攻略するのはいつでもいいなーと思っていたんですが、ヒントを読んでやり直したら、あらあらと思う間にヒノエを追っかけていましたよ。
もんのすごく甘い言葉を垂れ流してくる若造なんですけどね、これがイヤじゃないのよ。むしろ微笑ましい。一語一句聞き逃すか! と変なところに気合いを入れたりして。若いのに、って言い方はなんですけど、その若さであれだけの水軍をまとめ上げている実力にもホレボレしますね。甘いことを言うんだけど、それが望美のためだけの言葉で、彼女のために策を成功させるところがかなり良いです♪
つまりは、ヒノエにクリティカルヒットを食らっちゃったってことですね。無防備だっただけに、その衝撃は大きかった。
ヒノエ、すっごい好きだー!

んでも、一つだけ気になるところが………。

何故に、三つ編み?

2005

0115
久しぶりの記事です。今週はちょっと気分的にあれなものがありまして、ゲームをしていなかったのです。(別に寒かったから、とか眠かったからとかじゃないですよ、決して)


景時さん攻略完了。途中まで弁慶さんと敦盛さんとの三人を考えていましたが、順調に進んだのが景時さんだったので。
正直、今回の地の白虎には興味がそそられませんでした。語尾に「〜」とか付くのがあまり好みでないし。笑ってごまかしちゃえ、というのもちょっとね………。本心を、辛いことを押し隠して笑えちゃうのはすごいと思いますけど、せっぱ詰まっちゃって望美に逃げようって言ったときには、景時さんには悪いですが「何言ってんの! 甘えるな!」とお前は体育会系教師かってくらいの気持ちを持ってしまいました。あのイベント(及びスチル)はテンションダウンしてしまったのよ………。あと、自分を犠牲にしてしまうのとかは………大人なんだから、そういう青臭い考えはやめようよって。
でも、頼朝を謀ったあのイベントに好感度はぐんぐんアップ。ここぞと言うときに勝負の出来る男は良いです! かっこいい〜。
友雅さんあたりと違う意味で本心をなかなか外に出さない男でしたね。

ところで、景時さんにはアニメーションは一つしかないんですか? 私が見逃している………わけではないですよね? ちゃんとED見られましたし。こちらは京に残っているEDですけど。

2005

0110
どうでもいい話ですが。

「遙か3」のセーブデータが入ったメモリーカードの中を見たことありますか? PS2をディスクを入れない状態でメモりだけ差しておくと、画面ではメモリーカード選択が表示されています。これでメモリーカードを選択すると、そのメモリーカードに保存されているデータがなんなのかわかるのですが、「遙か3」は望美のポリゴンキャラなんですね。剣を振り回しながらその場で回転をしています。勇ましいけど、可愛くない………。
コルダのゲーム上で出てくるミニキャラみたいなら可愛いけど、角張っててちょっと怖かった。

本当にゲームと何ら関係のないどうでもいいことですが、気になった方はどうぞご覧あれ。

2005

0110
一体、誰を攻略したいのかわからなくなってきました。

何となく要領が掴めてきた模様。分岐点がいくつかあって、最終的に個々人のルートに入るまでは、同じルートを使えたりするんですよね。多岐にってほどでもありませんが、最初の時にしか通ってなかったルートとかあったりして結構大変。覚えが悪いもので。

そんなわけで、少しずつセーブしながら同じルートで行けそうな人をまとめて進めようとしているんですけどね。
二兎を追う者は一兎をも得ず、なんて状況になりつつあります。いかん………。こういうのはやはり一筋でいかないとダメなのね。ヒントもそう出ていたもんね。

では、頑張ります。
一応敦盛狙いで進んでましたけど、弁慶に行きそうですよ。景時もありだけど。
朔は将臣を進めていかないと発生しないイベントがありますね。
しかし、どうしても九郎さんが気になる私はついついそちら好みのほうへ行ってしまいそうになるのよねぇ………。

2005

0109
ぼろくそに泣きましたー! 感情移入しまくり。良かったよ、譲ルート。ああもう、途中本気でどうなるのか心配になりましたよ。幸せになって良かった〜。

年下キャラではありましたが、そんな感じはちっともしませんでした。しっかり者さんだからでしょうね。頼りがいのある感じで。九郎さんはスチルにもありましたが、背中合わせで一緒に闘える人。でも譲くんは背中で守ってくれる人ですね。だから背中に向かって励ますとか応援するとかそんなふう。だいたい、自分が死ぬ夢を何度も何度も繰り返し見ていて、それを押し隠していた譲はすごいよ。もっと早くに神経すり減らして弱っていてもおかしくないのに。精神力がすごいというか、並じゃないよね。尊敬に値する。しかもさ、一度目に望美を庇ったときに、お守りに矢が刺さっていたのを見て望美がもう大丈夫だと言ったときに、結果的には大丈夫じゃなかったのに(夢と違っていたのに)それを隠してしまった譲がまたいじらしい。
しかし、いい旦那になるよね! 料理もうまいしね!(そういう観点でしか見られないのか?)まさか本当にドリアまで作っちゃうとは思わなかったよ。

元の世界へ戻るのはちゃんと流れがあってすんなり受け入れられました。そこで黒龍が出てくるとは意外でしたが。やはり、全員のEDを見てちゃんと話が綺麗に繋がるのかな。とすると、清盛が黒龍の逆鱗を手に入れたいきさつとか将臣ルートでわかったりするのかしら?
譲ルートは割とスムーズに絆の関を越えられたので、お守りを用意しようという望美の発想がちょっと唐突だったんですが、これはやり直すとあっさり判明します。やはり、一度EDを見たくらいではダメなのですね。

2005

0108
めっちゃ心残りがいっぱいなEDなんですが! いいのか、本当にいいのか!? 何にも解決してないし。

と、これは将臣攻略目指してやってたんですけどね。二章の二つめの関を越える方法が解らないまま、とりあえず先へ進んだ結果です。そんなだから、間章のあとは関の名称すら出てこないし。四章の関は越えられたけど、間章のはダメだったしねー………。予想も付かないので、これは後に取っておくことにしました。
一番早く攻略出来そうなのは弟のほうなので、譲を先に回すことにします。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP