忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2019

1205
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005

0514
いっそのこと乙女ゲーとして発売した方が良かったんじゃないかと思います。もう少し難易度を上げて。めっちゃくちゃ簡単すぎて手応えがないんですもの………。あんまり難しいのもダメだけど。
スチルには相手の姿が少し(肩だけとかそんな感じね)描かれているだけで、今の今までというか現行奈留美視点なのに、そこで相手の姿が削られてしまうのがなぁ………。乙女視点で来てるわけだからね。スチルをそうするつもりならやはり男視点でないとね。視点を強引に変えられるようなものだから、しっくりこないよね。小説を読んでいて、次の行で主体の視点を変えるようなものですよ。そういう意味では半端と言えるかも。
話の筋は悪くないし、どうも乙女好みなので勿体ないよなぁ………。

今回の航太郎のストーリーもわりと好きだったですし。
基本的に流れは健太のと同じでした。発生するストーカートラブルとかお弁当とかテスト勉強とかお見舞いとか。これはみんな一緒でしょうね。
あとはそれぞれのキャラが持つ悩みとか事情とかが絡んでくるだけですけどね。
最近涙もろい私は、航太郎が家のことを知られたこと、それが奈留美のためにならないと思って彼女と縁を切ったところが好きですねぇ。その後の展開は楽に読めましたけどね。

航太郎の家がヤクザなのは容易に想像できますがな。あれは隠せない思うのになぁ………学校側にもさぁ。ま、いいか。
始終仏頂面の彼ですが、仲良くなると笑顔を見せてくるんですね。
ですが。

………びっみょー。
ちょっと怖いというか………気味悪い(酷い)。
キレても怖いお人ですけどさ。凄みが伊達じゃない。さすがヤクザっすー。同級生の近藤君に凄んだときは凄かったですな。奈留美はひたすらおびえていましたが、この人しれ〜っと「我が身と大切な人のためならいくらでも冷酷になれる」とか言ってましたよ(ちょっとセリフはウロですが)。

ところで航太郎の声を当てているのは一条和矢さんなんですが、この方ブタローとの二役なんですよねぇ………。相変わらず上手いもんです。同じ人とはとても思えない。


さ、次は修羅場行ってみましょうか。モデルもやってる行人でも………。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP