忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2019

1206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0325
土浦連鎖ルートに入ってきました。「運命」が流れました。「エリーゼのために」よりもこの衝撃はやはり「運命」でしょう。ダダダダーン、ダダダダーン。………幼い頃の運命の出会いを私は何だと思っているのでしょうか。でもそれくらい衝撃的だったし、土浦の連鎖はこれ以外なかろうなぁと思います。小学生の時の話と音楽科への転科の話とがてんこ盛りですよ! しかも指揮者とかまで言ってますよ。肝心の指揮者イベント自体はまだ見ていないんですが、EDでぽろっと言っちゃいましたからね。お前は千秋様か! とツッコミましたよ。ピアノ→指揮って千秋様まんまじゃん。しかし、土浦連鎖はツッコミどころが満載でした。

今回は結局またふつうでやりました。土浦の連鎖と火原の恋愛を進めました。火原はどこまで行っても切り離せず、結局初っぱなから仲良くなるので、未だコートの「思い出作り2」は回収できず。でも、ずっと一緒にやっていくからいつでもいいやーと思ってます。そうさ、毎回EDを見るのさ! 本当に好きなんだもん。ED曲何度も聴きたいんだもん。想い出機能で見るのじゃ物足りないんだもん。本当に、好きなんだよ〜。もう気持ち悪いくらい好きなんだよー。トランペットの音が好きで、クリスマスコンサートは「諸人こぞりて」の登場回数は多いし、「水上の音楽」もめっさ好みなの。あと、ピアノの力強い曲も好きだけど。今更言うけど、演奏している火原の横顔かっこいいなーとかも思ってるからね。

火原はさておき、土浦の話じゃった。

土浦が音楽科への転科をあんなに早く決めるとは思ってなかったです。そりゃあ声を上げて驚きますがな! しかし、金やんではないけど、あの繊細そうな音楽科の制服があのがたいのいい身体に似合うのかどうかは疑問視………。本人は似合わなくてもどうでもいいそうですが。ま、いいだろうけど。
後夜祭では冬海ちゃんからコサージュ貰っちゃって、思わず冬海ちゃんの手を引っ張って会場へ向かいたいと思いました。コサージュってそういう意味なんでしょ。じゃあ、冬海ちゃんでいいよ! 踊りたけりゃ適当に相手見つけて踊ってこいよとか、冬海ちゃんのコサージュでワルツに誘って来やがった土浦なんかより、冬海ちゃんと踊りますわよ! さすがに「土浦、お〜ま〜え〜〜〜!」と思ったね。いくら気恥ずかしいからってコサージュすら用意していないとはどういうことだ! 練習室で二人きりで踊っている方がよほど恥ずかしいと思うぞ! もう1発2発蹴っておけばよかったんだ、香穂子。でも、あの蹴りのじゃれあいっぽいところは好きだったなぁ。楽しかった。
土浦の転科のことが噂になり始めて、火原が土浦にいろいろアドバイスっぽいこと言うイベントが好きだなぁ。火原が、というのがいいんだけど、キレイな教科書とか。一つだけって言って、月森と仲良くしなよって言うのとか。まぁ、そうか。1/2の確率で同じクラスになっちゃたりするんだもんね。ところで、そのキレイな教科書は是非香穂子に上げてください、先輩。
土浦が人前でピアノを弾かなくなった理由は前作からちゃんとわかっていたことですが、今作でもきちんと語られます。そして、今にして私はようやく思ったんですが。小学生で好きな曲が高校生の部にあったからっていうだけでそっちに出ちゃった土浦ですが、最初からイレギュラーな出場だったわけでしょ。それって順位に組み込まれることはないって予想出来なかったのかしら? 普通に考えたら、そう思わない? それで拗ねられてもねぇ………。それとも私が知らないだけで、高校生の部とかいいつつも実は年齢制限ないので、やっぱりあそこで特別賞を出した審査員のほうが変なの?
バラやラベンダーの香りをさせる土浦。想像して思わず吹いた。いや、いい匂いだよ!

前回ED曲見たときにはダンパも見ていなかったので、ずっと画面から目を逸らしていたのですが、今回油断して見ていたらまた見たことのないスチルが出てきた………。勘弁してくれよ………。

スチルといえば、志水は地味にスチルを集めています。時期違いのやつ。そういえばあとまともにルート進めてないの志水だけだー。次は志水だな。うん。

--------------------------------


「ほら、行ってこい」
ぽんっと軽く香穂子の背中を押した。押されるにまかせて、香穂子はお化け屋敷の入り口の前に立つ。そこで一度だけ土浦を肩越しに振り返ったが、にやっと笑ってみせるとそれを受けて、暗幕をくぐって入っていった。
入り口だけではなく、教室の内部は全て暗幕で覆われている。一片の光も差し込まないように細心の注意を払っている。一室だけをお化け屋敷にしているし、そこには驚かす役目を果たすクラスメイトたちが潜むスペースも必要だから、さほどの大きさではない。五分もあれば一周してしまうだろう。ただ、その五分の中に手を掛けた仕掛けを盛りだくさんで用意している。作りとしては満足の出来だ。そして、評判も。
土浦は、出口が正面に見える位置で廊下の壁に凭れ、香穂子が出てくるのを待った。
廊下は、ひっきりなしに人が行き来する。外部からの客も出入りして、賑やかなことこの上ない。もともと各教室で行われている催しも賑やかだし、目を楽しませるために多彩に彩られて見た目にも賑やかだ。華やかさに浮き立つ校内。毎日の殆どを過ごしているこの場所が、非日常に侵されている。この非日常が目眩を起こしそうなほどの高揚感を生み、学院祭は更に盛り上がる。
しかし、悪くない。
たまにはこんな雰囲気もいい。
背中にある窓は今日は解放されている。秋晴れの今日は少し風が冷たいと感じていたが、この空気にはちょうどいい。それに、太陽の光は背中にぬくもりを与えてくれる。
腕組みしてその心地よさを味わっていた土浦は、正面に香穂子の姿を見つけて、その腕を解いた。
「よう。どうだった?」
作り手として、このお化け屋敷は満足の出来だ。
「うん、面白かったよ」
「そっか。なら良かった。お前こういうの平気なんだな」
「へっちゃらだよ」
へにゃっと香穂子が笑って頷く。
「ならさ、もう一つお化け屋敷、行ってみないか?」
「え?」
「他のクラスでもやってるところがあるんだよ。そっちはうちと違って日本っぽいやつなんだけど、敵状視察も兼ねて見てみたいと思ってたんだよ」
「そうなんだ」
「さ、行こうぜ」
土浦は香穂子の肩を押して、歩き出した。
もう一つのお化け屋敷は普通科の三年生がやっていた。近づいていくと、中からけたたましい悲鳴が聞こえてきた。入った客の声なのか、それとも驚かすための効果なのかよくわからないが、大音量だ。香穂子がびくっと肩を揺らしたのがわかった。
「すげぇな」
待ち受けている入口も何故かおどろおどろしい。ご丁寧に不気味なBGMまで付いている。
「お二人様ご案な〜い」
入り口に立っていただけなのに、さっさと押し込まれてしまった。
中は真っ暗だった。足下すら覚束ない。
(覚束ないのは、足下が安定していないからか)
床を踏んでいるんじゃない。
何かふわふわしたもの―――これはスポンジか?
「日野」
歩き出した土浦の後ろから香穂子が付いてくる気配がなかったので振り返ったが、入り口を離れてもいないというのに、本当に真っ暗で何も見えない。目もまだ慣れていない。ただ、気配だけが香穂子の存在を気づかせてくれる。
「行こうぜ」
「うん………わっ」
香穂子はこのふわふわした床に足を取られたらしく躓いたようだ。
「おい、大丈夫か」
「うん、だいじょ………っきゃああああああああっっっ!!!」
「!!!」
気遣う言葉に返ってきたのは、耳をつんざくような悲鳴だった。
「日野!!」
「いやああああっっ!! な、なんか、触っちゃった!! いやああああああっっ」
悲鳴は土浦の横をすり抜け、そのまま勢いよく何かに体当たりしてまた悲鳴を上げる。その悲鳴はどたんという物音と別の叫びと重なっていた。
「おい、日野!」
慌てて近寄って香穂子の肩に手を掛けたが、暗がりだったせいか目測を誤ったらしい。土浦の手のひらに触れたのは頭だった。低い位置に頭がある。
しかし、香穂子にとっては、今自分に触れている手が土浦のものだとはわかっていないらしい。それどころか手だとも認識していないようだ。
「―――――っっっ!!!」
声に成らない悲鳴を上げて、香穂子はもがいてバタバタと突き進もうとしている。
………多分、通路を破壊しながら。
「まさか………」
土浦は今更知る。
しかし、今はそのことについて思いを巡らせている場合ではない。香穂子を追わなくては。

「………ほら」
謝り倒してお化け屋敷を離れた二人は森の広場のベンチに座っていた。賑やかな騒ぎもここまでは押し寄せてはいない。
遠くに聞こえる賑やかな音以外はいつも通りの様相だ。
冷たいジュースを香穂子に差し出すと、香穂子は小さく「ありがとう」と言って受け取った。
「ったく。怖いなら怖いって言えよ。………って、俺がちゃんと聞かなかったせいか。すまん」
「ううん………」
笑おうとしたのだろうが、お化け屋敷から逃げることに全力を使い果たしたのか、香穂子はそんな余裕もないらしい。
「だって、土浦君楽しそうだったし………水を差すの悪いし」
「何変な遠慮してるんだよ」
「遠慮とかそういうんじゃないんだけど。土浦君のところのお化け屋敷は何とか大丈夫だったんだよ。怖くなかったわけじゃないけど。それに土浦君が参加してるんだもん。見てみたかったし。でも、その次のはもうダメだった」
香穂子ははあーっと大きく息を吐いた。
その頭を二回軽く叩く。そして手は載せたままにする。
「俺に無理してみせてどうするんだよ………悪かったな。気づいてやれなくて」
土浦の手の下で香穂子は小さく首を振った。
「でも、意外だな。怖いもの知らずだと思ってたからさ」
「そんなことないよ」
恨めしげな目が前髪の間から見えた。それが可笑しくてつい笑ってしまう。
「笑い事じゃないのに………」
「悪い悪い。………でも、癖になりそうだ」
「え?」
「時々さ。お化け屋敷行こうぜ。遊園地とかにあるだろ」
そう提案したら、頭に置いたままの土浦の手を外す勢いで頭を上げて、とても情けない顔を晒した。
それがまた土浦の爆笑を誘う。
からかわれたことに気がついて、香穂子は頬を真っ赤にすると、ぷいっと顔を背ける。
「大丈夫だって。………今度は手を繋いでてやるからさ。そうしたら、少しは怖くないだろ」
笑いを堪えながら、土浦は香穂子にそう提案する。一度は離した香穂子の頭にまた手を載せながら。



-------------------------------

長いな………ここに書く話じゃなかったような。
これは土浦との文化祭イベントから浮かんだもの。思い切り此処の中にネタバレかつ、イベント含んでます。選択肢も含んでます。「へっちゃら」と答えると親密度アップするんです。でもね、マンガコルダの香穂子はめっちゃお化け屋敷怖がってたじゃないですか(そして可愛かった!)。あまつさえ土浦は心配していたじゃないですか。ということで、ここでやせ我慢している香穂子だといいなぁと思ったところから書いた話です。
しかし、一緒に入ってやれよ、土浦! クラス展示だけどさ!
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アヤさん、こんにちはー!

なーんて、グッジョブなお話!
しかも、香穂ちゃん、つっちーのために気丈なフリして…。なんてカワイイ奴なんだか!
つっちーじゃないけど、時々からかいたくなるかも…。
しかし、確かに、おばけ屋敷は二人で入るべきですよね!イベントなら尚のこと!
まだ、つっちー攻略してないので、これ見てないんですが、今から楽しみですー!
アヤさん、楽しいお話ありがとうです!(^_^)/
PON 2007/03/26(Mon)13:41:12 編集
無題
PONさん、こんにちわー。

書き出したはいいものの、小咄のつもりが終わらなくなってきて焦った一品です。
PONさん、まだ土浦ルート入られていないのに、こんな思いっきりネタバレすみません!(>_<)
文化祭イベントなので、各キャラに用意されているやつですが。
想い出機能でも見られないやつですが。
今のところ一番楽しい文化祭でした(火原より)。
アヤ 2007/03/26(Mon)21:10:09 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP