忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2017

1216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2003

1008
やっぱり、スチルはまだあるようでして。

それにしても、何度もやらないと、ホントに全てを見ることは不可能なのねぇ。「遙か2」と違って1回のプレイ時間が短い分濃度が濃いというか。デートの時の選択肢が出る会話も二つだったりするし。しかも法則がわかんない。前回のやつで途中から2回リプレイしたけど、どちらも全て優勝にかかわらず、2回目は「珠玉の時間」EDじゃなかったし。

で、攻略情報を元にして、今度はライバル度をまず高くして進めるルートをやってみました。こちらでしか見られないスチルがあるということで。火原っちは解釈で彩華が高いとライバル度を上げてくれるらしいのです。そんなわけで、せっせと彩華上げに励みます。が、2回目のセレクションで弾けるようになる曲の中に「ロマンス ト長調」があります(彩華レベルが高い)。これ、火原っち好きなのね。ということは親密度も上がっちゃうワケよ。で、なかなかライバル度が上がらずに、しかも最後のセレクションでは「3つのロマンス第2曲」(愁情のレベルが必要)を弾かなきゃ、火原っちは喜んでくれない。だから結構切羽詰まってました。(しかし、よくよく考えると、ライバル度を上げる必要はあるけど、親密度はこれまで通り上げていて良かったのではないか、と。プレゼントとかさ)親密度も半分程度、朝のお迎えもなく、最終セレクション当日…………。スチルを見るどころか、リリから魔法の弦(なのかな?)も貰えず、しょっぱいED………。しかも、セレクション前夜火原っちのライバル度がようやく1000まで上がっていたという………。これは行き過ぎだ。(こんなに必要ない)というわけで、またリトライだ!!
でも、このルートのおかげで別のスチルは手に入れたんだった。「えいえいおー」だって!これはさすがに微妙だった。可愛いのか、ださいのか………。

そうそう、このプレイでは初試みをいろいろと。出来るだけイベントを起こすのを避けたくて。あまり人と積極的に知り合わないようにして1回目のセレクションを迎えます(これ、可能なの)。ここまで来ると必然的に全員と知り合うんだけどね。ちなみに、柚木は手元の操作を誤り遭遇完了。火原っちはもちろんだけど。あとは金澤先生を次点で狙っていたので(一度だけ親密度で1位になったこともあった)。それと冬海は前日の放課後天羽さんから紹介された。
だから当日の朝、控え室の前ではつっちーと月森と志水に遭遇。初のLR対決は面白かった!そして志水は大物だった。こういうのも見られるなら、楽しいよね!

やればやるほど深くなる「金色のコルダ」。もしかすると「遙か」以上にはまっているのかもしんない。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP