忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2006

0402
相変わらず、きっざー! でも楽しい〜♪

しかし、ヒノエ。ホントにあなたどこまで現代に馴染んでいるのよ! 携帯電話のみならず、ヘリまで! すごいなぁ………金持ちの男しか考えないようなプランですよ。本当に、しつこいけど、この人達お金どうしてるんだろう………(ネオロマにあるまじき考え方)。

迷宮は本当に迷宮で、4章になって入ることが出来る研究棟には泣かされます。宝箱を回収するのにちょくちょく入るわけですが、これまたワープ出来るのはいいんだけど、その飛ばされる場所があちこちで覚えられないのよ。ちゃんと地図だか図面だかを書けばいんだろうけどさ。図面を書くのは面倒くさいし。もうあと少しだからやらないけどね。

終章で譲が取った行動をヒノエが素早く理解したというのがよくわかりましたね。譲も又然り。退くことを早々と決断したのは譲だったもんね。譲の夢の話は望美とヒノエしか知らないからか。

心のかけらに語りかけるところが好きだなー。というかのこのこと外に出て行った荼吉尼天。うっかりなのか、それともヒノエを罠に掛ける気なのか。自分が迷宮を後にしたらヒノエが動き出すことくらいは予想してるよね。で、ヒノエはヒノエで策を張り巡らしているわけだ。策士だもんね、ヒノエも。ヒノエでこれなら、弁慶はどれだけの策を見せてくれるのかしら。

うわっ………泣きそうになってしまった。戦いに敗れて望美に抱えられているところで。ヒノエがタチ悪いのはわかってたけどさー。それでも泣きそうになっちゃったさ!

ふと、思ったんだけど荼吉尼天はもう本当にちゃんと消えたのかしら? 実はまだどこかで生きてたりしない?(神様なのに、生きているも何もないか)さすがにこれ以上の続編は出ないだろうと思うけど。もう広げようがないでしょう。よく広がったよここまで。

スチル、セリフともに甘さナンバーワンでした! さすがヒノエ。ヤツには誰も敵うまい。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ヒノエ甘々でした…。
じつは、景時さん、1周目では、攻略無理でした。ので、なんとなく、引きずられるように、ヒノエ君に〜〜〜。ほんっとにキザでした。
最初から最後まで死にそうになりながら、セリフ聞いてました。EDを迎えた時は朝日も昇ろうかという時で、本気で、燃え尽きましたよ…。
そーいえば、お金問題!私もかなり気になります!
個人的見解としては、多分向こうから宝石の類いを持ってきてたとおもうので、
(海賊とかって換金できそうな宝飾品を持ってそうだから)
それを換金して、株でデイトレート?とか思ってしまいました…。なんでだろう…。
あっ、どっかの会話で経済新聞呼んでる節があったからかなぁ。(でもこれも勘違いかも)
PON 2006/04/03(Mon)14:04:05 編集
無題
ヒノエ、甘々でしたね〜。
でもヒノエ故に許される甘さというか、すごく楽しませて貰いました、私。
ヒノエ攻略で夜を明かしちゃったのですね………(寸前ですか)。
でもやり出すと止まらなくなっちゃいますもんね。昨日は私も同じような状態でした。

お金のことについては誰も追求しないんで………白龍がどうにかしたのかとか考えていました。
確かにヒノエは貴金属たんまり持ってきていそうですよね。経済新聞読んでいるようなことは言っていたようなそうでないような………すみません、私も記憶がかなり曖昧です。セリフは初聴き以外のは全部スキップしていて………。推理小説を読んでいるというのはばっちり覚えているのですが(イベントだったので)。駄目ですねぇ………。

私はそろそろ終わりを迎えます。4周目あたりからはクリスマスのイベントと終章以外はかなりすっとばせるので、早く済むかと思います。
頑張ってくださいませ〜!
アヤ 2006/04/03(Mon)23:18:16 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP