忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2004

0315
「逆転姉妹」
では、第2話目。
イキナリ、ナルホドの上司である綾里千尋が殺される。冤罪をかけられたのは、千尋の妹・真宵だった――。
ということで。早速メインキャラを殺しちゃいましたよ、このゲーム。恐るべし……!
2話目ということで、話自体も長くなりましたね。この話から「ゆさぶり」という技も(技?)使えるようになります。証拠品を証言の矛盾したところにつきつけて、事実を暴いていくのが、このゲームでの裁判のやり方なのですが、実はコレ、失敗は5回まで、とペナルティが付いているのです。けれども、「ゆさぶり」はおかしいな〜? と思うところを揺さぶりを掛けてみることが出来るのです。そうすると更に証言が出てくる。そこからおかしいところを指摘していくのです。
さて、今回の証人は松竹梅世。明らかに怪しい女。隣のホテルから殺人現場(綾里法律事務所)を覗いた女。つぅか、怪しいことで話が進んでいってました。
そうそう。今回は裁判の前に関係者から話を聞いたり、部屋の中を調べて怪しい物を探ったり出来るのです。もちろん梅世がいるホテルの部屋にも押しかけて話をします。んで、いかにも怪しいドライバーが挟まった引き出しなんかを発見してしまうのです。っていうかさ! 翌日もまたホテルを訪れたナルホド。まんまとボーイのお陰で(これも伏線だったんだよねー。ホテルの部屋は二人でチェックインしてたっていう)梅世がお風呂の途中で部屋に侵入。不法侵入じゃないのか? というツッコミはおいといて。なんと!まだドライバーが引き出しに挟まっています。梅世、お粗末過ぎやしないでしょうか? ま、それがなきゃお話にならないわけですがね。
そして、法廷。揺さぶりを掛け、ボーイにも証言をしてもらい、梅世を追いつめたナルホド。だが、まだ真宵は無罪ではないのだ――。そして姉妹の母の因縁。真犯人は――? と、まだつづくのですが、一旦ここで終了です。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP