忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2019

1206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005

1030
初っぱなから、成功できましたー!(どこまで乙女ゲーに対してへたれなのか、私は)
いや、でも多分簡単ですよ。要は単純にターゲットだけを一途に追って一緒に行動して時々選択肢で選択をすればよいんですよ。それだけで無事EDが迎えられるようです。
ちなみに初EDは愁一のトゥルーエンドでした。トゥルーエンドというからにはそうじゃないEDもあるんですよね………。どうやったらそうじゃないEDを見られるのかしら? 見たいのにー。

さて。
愁一ルートはいわゆる敵対関係にある人との恋愛になりますね。悲恋な感じはないんですけどね。なんか普通にデートしたりしてます。切迫感がないんですね。
しかし、内部分裂が激しい一族でした。愁一編に入っていったら、いきなり壮絶。絶対何か起こる、そういうのをぷんぷん臭わせていて「くる、くる………」と思いながら見ていました。そうそう。コントローラーがあまりいらないゲームですね。自動送りされるので。選択肢も多くないし。だから見ている、という感じが強いです。
話が逸れました。
愁一個人について話しましょう。
一謡という一族の次期当主と目されている人物。容姿端麗、何でもそつなくこなすので同校の女生徒のみならず他校の生徒にまで有名で人気。だけど、それを鬱陶しく思っている。遊び人ではありません。ひどいことに、それらの人の名前までは覚えていないし、覚える気もありません。陽菜を初めて好きになって、それ故に頑張って陽菜を守ろうとします。そういう一途さは良いですね。ストレートに愛情表現してくれますし。
一つ気になったのは、いろんな話を少しずつ陽菜に聞かせてくれるたびに「不安にさせてごめん」という事。記憶しているだけでも3回言われました。気に掛けてくれるのはいいんですが、覚悟決めてるから、そんなに繰り返さなくてもいいんですよ。
EDは幸せそうでしたが、エンドロール前からキスが多い………。なんかエロかった。
この二人、これから先を思ったら、苦労が多そうだよね。愁一に限ったことではないですけどね。

でも、基本にある話は凄く好きです。設定がすごくいいですね〜。他の人たちとのEDも楽しみだし。
ということで、今は多分メインと思われる拓哉を攻略中。この人かなり良いですよ。ツボ。
あ、そうそう。愁一ルートで拓哉の気持ちを思うとすっごく切なくていいですね〜。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP