忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2019

1211
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004

1212
物足りない………。
その一言に尽きるような………守屋氏に対する私の印象。
穏やかで良い人であることは認めます。さぞや穏やかな日々を送れるでしょう。間違いないです。そうしてそういう人との生活は将来も安心でしょう。
でも物足りないのよー!

前の記事に書いたとおり、彼の依頼はいなくなったウサギを捕獲すること。
まずはウサギの特定から始まります。何せ特徴を誰も覚えていないという状態からのスタート。捜査が難航することはやる前から想像がついています。その上、幼稚園生を相手に右往左往。
なんとかウサギの特徴をつかみその居場所に見当がついても一筋縄ではいかず………。最初の事件からなかなかハード。でも、ただの迷子捜しなのでスリルはさほどないですね。(ペット探偵にどんなスリルを要求しているのか)
一度、危ない目に遭いますが、助かることは必至なのであわてることもなく。これも恋愛イベントに必要なものだと思えばなんてことないですね。

さて、そうこういいつつも前回は失敗したED。結局、一回守屋氏を訪ねるのを忘れていたところがあって(捜査には差し支えがなく、これを忘れていたがために恋愛EDにならなかったことが判明)、まんべんなく、一つ残らずポイントを回り選択肢さえ間違わなければ恋愛EDもそう難しくはありません。守屋氏の選択肢は非常にわかりやすいしね。
これで事件も解決、守屋氏とも恋愛ED。
その後(4年後)なんですが、プロポーズされるところまで見られるんですが、それでも呆気なかった気がしたのは、何かしら。乙女の心を私が失ったからですか? あんまりにも障害がなさ過ぎたからですか? ………きっと後者だな。障害、なかったもんなー。

尚、守屋氏のEDは3パターン。前回のプレイで見た探偵だけが成功するノーマルEDと恋愛ED。それからBADEDになるのかな? 仕事は成功、だけど守屋氏には気持ちが伝わらず(というか伝えられず)というこれまた虚しいED。

最初の依頼に選ぶには最適じゃないかと思います。事件自体の難易度も低いし。(といって他の依頼がどれほど難しいのかはまだ比較対象が少ないのでなんとも言えませんが)
丁寧に見落としさえしなければ楽でしょう。

ところで、守屋氏のしゃべりを聴いていると、「となりのトトロ」のお父さんを思い出してしまうのは………私だけですか?
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP