忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2019

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006

0916
渡編終了。

かーなーり、腑に落ちないというか………ごにょごにょ。

「ホワイトラビリンス編」とメインキャラは同じく設定だけ変わっている話。主人公には隣の家に住む双子の男の子の幼馴染みがいたんだけど、彼らが引っ越して疎遠に。ところが、その幼馴染みが今度は兄弟として現れて………。いい男になっていた彼らに主人公の心は揺れ動き、そしてどちらかとハッピーエンドを迎えることになる、というのが「再婚家族編」。

完全にファンディスクという感じですねー。これまでのAMEDEOさんゲームを遊んだ人には見慣れた名前が出てきたりキャラが出てきたりしますしね(ペット探偵の主人公・裕香も登場するんだけど、声つきでかなり違和感が………)。
でも、それよりも内容がともかくファン向けというか。やたらに甘いだけ。入り込めなかったし………。しかも双子のやりとりがやたら多いし、すっごい長く感じたけどゲーム内の時間はそんなに経ってないから、主人公の揺れ動く気持ちとかそういう繊細さは伝わらなかった………。ゲーム性も低いしね。「ホワイトラビリンス編」では物語を進めているという感じがまだしたんだけど、完全に小説を読んでいるだけ、という状態。私は活字好きですが、やっぱりテキスト形式のゲームは苦手だ。テキストを読むだけなら小説を読んだ方がいいし、かといってこのくらいの話の小説なら多分、お金を払ってまで読もうと思わないと思う。
1周するのに、これまた時間がかかった………。1日に進めることが出来る量がそんなに多くないの。2周目は、スキップで半分くらいはとばせるかな。
………うっわ、かなり酷評(^_^;)。でも正直、そう思っちゃったので。

しかし、18禁じゃないけど、際どいとこまでいっちゃってるよ、コレ。次作のゲームが18禁なのはやっぱり当然の流れなんだろーなぁ………。

一応、攻略メモ。ぜんっぜん難しくないけど。
【渡編】
懐かしく思えた
 ↓
無視する
 ↓
渡君をかばう
 ↓
嬉しかった
 ↓
渡君
 ↓
兄妹みたい
 ↓
渡君
 ↓
渡君
 ↓
道場
 ↓
渡君
 ↓
ふく
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP