忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2004

1225
回収し損ねていたスチルを取っていざエンディングへ。エンディングのあとに後日譚が入っていたのですねー。これがちゃんとしたエンドってことだ。新しくスチルもあったしね。
満足、満足。

あ、そうだ。前回書いたセーブデータの件。今日ゲーム自体を立ち上げ直したら元に戻ってました。やっぱりおかしくなってただけのよう。ちょっとほっとしましたよ。ま、結局今日は最初からやり直したので、あんまり関係なかったですけどね。セーブデータが消えたからと言ってショックを受けるほどのものもないし。RPGとかだったら泣くけどね!

ということで結城さん完了。でもこの人、この人狙いじゃなくてもさんざん出てくるのよね。この後、気分転換で(?)桐也を攻略したのですが、彼と結構仲良くなっているにも関わらず、この人から好意を抱かれているような台詞が出てきたりしてたし。これって特別仕様版だからじゃないよね? 通常版でもいかにも攻略できそうな感じの人として出てきているのよね? 都合のいい相談相手っぽい感じだけど。そんな優しい言葉掛けられたらほだされるじゃないですかー。つくづく特別仕様版にしておいて良かったよ………。こんな台詞をぽんぽん吐かれてそのままほったらかしは生殺しだもんさー。
PR

2004

1223
最初にエンディングを迎えたのは、特別仕様版でのみ攻略可能なお花屋さん。別に狙ったわけでもなく、気づいたらこの人のルートに入っていただけです。
でも、井上さんボイスはやはり良かった………! 色気としては「遙か」の友雅さんが一番良いのですが、それはともかくとしても、井上さんの声は安心して聴けますね。それにやはりお上手だし。ちょっと遊び人っぽくて、本心を上手に交わすのがうまい、というキャラクターは「アプリコット」の一ノ瀬さんに通ずるところもありますね。友雅さんも翡翠さんもそうか(「遙か3」はまだやっていないのでどんなキャラかわかりませんけど)。………そういう役所ばかりが回ってくるのかしら。
と、井上さんの話をするところではなかったのだった。

お花屋さんが一番簡単にエンディングに行けるような気がします。通常版がどうなのかわかりませんが、ことあるごとにお花屋さんへ寄る選択肢が出てきます。「またかー!」って思うほどに。そしたら寄っていって話をしたりすれば良い模様。実は最低でも1回すっ飛ばしているんですが、それでもエンディング迎えましたもの。
でも、スチル回収しそこねているのがどうやら2枚もあったのでまたこの人のルートやり直さねばならないんですけどね。
本当はすぐにやり直そうと思ったんですけどね。なんと。
びっくりすることに、一度ハッピーエンド迎えたら、それまでのセーブデータ全部消えてしまったんですけど!? バグ、じゃない、よね? そういうシステムなのよね? スキップ機能もあるので、最初からやり直すのは苦痛ではないですけども。

バグはあるようですね。私のパソコンのせいかもしれないので、あまり言えないのですけど、途中勝手にブラックアウトする箇所が2つほど。あと喋っているのに姿の見えない一条さんというのもあったかな。

脱線しました。
結城さんについて少し話しましょう。
私の中では気のいいお兄さん、という感じでしたね。最初から最後まで。将来性はありますが(そしてお金も持っていそう)、付き合うとなったらその辺の損得勘定を考えてしまいそうなタイプです(うわ。嫌な判断の仕方!)。通りすがりのお花屋さん、で充分だったかも知れません。仕事の愚痴とか聞いてくれてなおかつアドバイスまでしてくれちゃうなんて。攻略出来たことはやっぱり得したな! って思うんですけどね。これ、攻略した結果の感想ですからね。
しかし、指先の器用な人。メイクもばっちり出来るなんて………これはかなりいいなぁ。是非やって欲しいなー。

さて、次は誰にしましょうか。祐太郎の、見たいんですけど、どうしても居酒屋の後出てきてくれない………。ふうーむ。

2004

1223
思いのままに選んでいったら、バッドエンドですよ。乙女ゲーでは当たり前のように最初はバッドエンドになってしまう私ですが、とことん恋愛に向かない体質ってことでしょうか。
なかなか終わらないなー、アレなシーンも全然ないなーとは思ったんですけどね。途中からやばいんじゃないかって気づいたんですけどね、とりあえず突っ走っとけと思って。その結果です。

そんなに難しくはなさそうなんですけどね(バッドエンドを迎えておいて何を言う)。分岐点も、この選択肢が誰に影響するのかもわかりやすい。
そこまでわかってて何故失敗したのかと言えば。途中から一応祐太郎狙いになってたんですけどね、すっごく迷った選択肢でやっぱり間違ったらしく………それ以降出てきてくれなくなりました………。ということでそこのセーブデータからリトライします。

ちなみに好みは祐太郎。一条あたりが好みになるかと思ってたんですけど、そうでもなかった。出来る男は苦手ですか、私。そんなことはないんだけどな。
尚、今回さっぱり見ていないのは前髪金髪君(ゲーム内では名前すら出なかった)。この子についてはいろいろ思うところもあるのですが、それは攻略してから。

では、続きを頑張ってきまーす。

2004

1211
来週末の発売を控え、今週また公式ページでショートストーリーが公開されていましたね。
それを読んで一言。

「いいなあ」

誕生日に有給が認められるなんて!
なんて素敵な会社なんでしょう!
いいなあ、いいなあ。福利厚生とかもきっちりしてるんだろうなぁ。
社員のデータが全社で見られるようになるのはちょっとアレだけど。社内にも個人情報、プライベートはやっぱりあると思うのね。

とまぁ、ゲームに対していろいろつっこむのも何なんですが、身近なものをゲームにすると(小説も漫画も同じですが)それだけプレイヤーの目は厳しくなるものなのかも。だって比べやすいですもんね、現実と。ましてやこのゲームは現実にありそうでなさそうなを売りにしていますしね。

でも、すごく楽しみですよ。早くやってみたい!
とりあえず、ファーストは一条さん狙いだけど………お花屋さん(井上さんボイス)になびくかもしれない………。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP