忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2003

0223
さて、本編へ入りました。イサトをお供に京の町をウロウロ。なんとなく、なんとなくですが、院側だと初期に回れる場所が少ないような気がするんですが…。ま、全てに手が届くので助かりますけど。とりあえずこちらで入手できる香や紙や花は全部手に入れたと思う。
じゃんじゃん回ったおかげで、院側の八葉の方々(頼忠、イサト、幸鷹、泉水)の心のかけら一個ずつあっさりと集まってしまった…。最初は泉水。鳥羽離宮にて。翌日には頼忠。大豊神社。これは予想していたんだけどね。やっぱりね、って感じで。この人との恋愛イベントの入り口はわかり難い。だって、ゆっきー(幸鷹のこと)が先に出てきてたんだもん。んで、一章後半に入ってようやくイサト。いやー、焦った、焦った。こっちがメインだっつーに。祇園社にて。イベントは一条戻り橋から確か朱雀門へ。…ねぇ?朱雀門って帝側の場所ではなかった?というささいな疑問はおいといて。やっぱ可愛いな〜、コイツと思いながらのデート。前の二人のがあっさりしていただけに割と長めのデートは良かった…♪で、余裕も出てきたのでゆっきー。神楽岡。ヤツは不意打ちだね。大体が自分の五行と同じ所で見つかったのに、コイツだけ違う属性の場所…。何でやねん!ちなみに彼とはお部屋でデート。正確にはお庭だけど。しかもこれが恋愛イベントなのか?と思えるほど色気のない…。とりあえず、花梨が現代の話をして聞かせ、花梨自らゆっきーの態度の妙な所に「あれ?」と思ってみせたり。ゆっきーはあんまり気にしてなかったぞ。「懐かしい気分に…」くらいは言ってたけど。そうそうネタばれだけど、ゆっきーは実は現代っ子だったんだよねー。とてもそうとは思えないほどに京の人間だけどな。
さて、ひとしきり天の四神と仲良くなったところで、次回からは地の四神と行動開始です。通常恋愛ではイサトを狙ってますが、急展開で勝真も狙ってます。頑張って連れまわすぞー!
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP