忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2005

0101
ということで、ショートストーリーを観ました。攻略可能な9人のサイドストーリーなのですね。後日譚ばかりかと思ったらそうじゃなかったです。
折角なのでメインは後回しにしてから後ろから見ていきました。

月影葵
まぁそれなりに幸せそうですが………後日譚にしては物足りなかった………というか、いらなかったかも。どうせなら、売れ始めたきっかけのエピソードが欲しかったなー。主人公を初めて認識したときの。

相馬隼人
主人公に病気のことを知らせるための電話をするまでのモノローグ。台詞もあるのに、モノローグまで声がついているのが気になったけど。何であんな行為をしたのかという心の流れですね。ところでここで既に「2」への伏線が張ってあるように感じたのは深読みしすぎですか?

里見修二
サブタイトルとはうってかわって、酷い。本編でのあのシーンの里見サイド。どこまでも極悪非道な感じでした。ううーん。18禁とはいえ一応は乙女ゲー、ここまで酷い人を出さなくても良かったのに………。

木村望
微笑ましい………。いやそれにつきると言うか………。

中家翔馬
もっと微笑ましい。幸せになれて良かったねー! 翔馬は結構気に入っていたキャラクターだったし話だったので。あごの髭はイヤですけどね。でもホントに料理人になってたよ、翔馬。期待を裏切らない人だなぁ。

古賀雅也
シチュエーションがちょっとわからず………。だって初めて古賀の部屋に行った乗ってプロポーズを断ったときでしょう? あのときは前日に部屋を片づける余裕なんてなかったと思うのですが………。ま、いいや。

田中康平
穏便にカップルになった後の初めての時のお話。普通のカップルの話ってホッとする。不幸と幸福が隣り合わせのゲームでしたからね、これ。

立花和希
お兄ちゃんEDを迎える前日のお話。つまりはゲームの前の話。何とも思ってなかったくせに、いきなり恋心に気づく妹………。お兄ちゃん、頑張れ。

望月蒼
さすがオフィシャル相手役。スチルが一人多い(表情が少し変化しているだけのもので枚数稼いでいますが)。でもその後ではなく(まぁ本編でしっかり幸せなED迎えていますからね。いいのかも)、出会ってすぐの蒼のモノローグ。


さぁ、これで完全に「星の王女」は終わりです。次は「2」。ようやく開封できるー!
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP