忍者ブログ
乙女ゲー中心の気ままなゲームプレイ記録です。ネタバレにはご注意ください。

2003

0629
ようやく手元に届きました、盤上遊戯。Amazonで予約注文すると、15%安く買えるけど届くのが遅くなるんだよな…。
さてもさても、早速プレイ。フルボイス、ということで躊躇っておりましたが、やりたくてしょうがなかったので、人がいようと構わずに始めました。EDイベントの時は誰もいなくなってたし、フルボイスと言っても、そんなにこっぱずかしいセリフばっかり出てくるわけではなかったので良かったです。
それではゲームの流れに沿って感想をば。
まずは、神子選びから。対戦も出来るボードゲームが今回の「盤上遊戯」。主人公は4人います。どれもこれも神子。ただし、いつもの「あかね」の色違いなだけなんですが。設定では「るり(藍)」「くるみ(黄色)」「わかば(緑)」(このネーミングセンスは素敵だと思う。あかねは「茜」だからピンクだったのか)になってましたが、このなかからプレイヤーキャラを選ぶのです。もちろん、ピンクあかねを選択しました。他の色ってなんか落ち着かないもん、やっぱり。るりはまだいいとしてもくるみやわかばに至ってはピンクよりきっついものがあるんじゃないか、と。ところで、今ふっと思ったけど、ピンク以外を選んでその神子を「あかね」と名付けた場合、ピンクはなんと呼ばれるのだろう?時間があったらやってみようっと。とにかく、この4神子で対戦して、自分が本物の神子であることを証明するというのがゲームの目的。ゲームの舞台は同じく京だけど、呪詛のおかげで神子の心が分裂しちゃったようなことになっていた。しかも、その中には本当に偽物がいるらしい。ただ救いなのはそれが夢の中である、ということかな。でも、ラストまで見て思ったけど、夢って言うのは厳しいかも。夢と言うよりパラレルかなー。
そうそう、ここではプレイ時間、というか終了値の様なものを決めることが出来ます。450、900、1500、2500の4つあって、これは藤姫の信じる心(のはずだったと思う)なんだけれども、4神子の中の誰かがその数値まで達成したら、本物の神子の判断が下されます。ちなみに判断されるのは、もちろん藤姫の信じる心が達成していて、更に八葉の数値(多分基準の想う心よりそれぞれがどれだけプラスでマイナスなのかを合計して出るんだと思う)をそこから引いた結果の順位です。今回は途中やばかったものの、1位になることが出来ました。天真ともラブラブEDを迎えることが出来ました。ちなみに1周目は900の標準的な時間で。しかし、短かったけどね。
このゲーム、つまりは任意に動ける双六のようなもので、札をめくった数値の数内ならどこへでも移動可能。その先で、怨霊と戦ったり、札を獲得したりするわけ。最初は何がなんだかよくわからず、上手くできなかったなぁ。同行者は友雅さんだし。別に友雅さんが駄目なわけじゃないんだけど、ホラ、今回は天真狙いなわけだから。でもって、その天真は誰だったかに(多分るり)持って行かれちゃってて、どうしたらいいかもわかんなかった。戦闘不能になって藤姫のところに戻ってきてたところへ乗り込んで行って天真を連れ出しましたけどね。藤姫の館に戻ったら、同行者選び直しが出来るの。戦闘不能は強制的に帰らされるけど。あとはこの時なんかに藤姫に贈り物って、札をめくって取ってきたものを預けると、物によって数値は違うけど信じる心のアップを図ることができるよ。5つの宝物(かぐや姫の難題と同じもの)を持っていけば、一気に200は上がるね。凄まじかったよ。けど、誰かの心のかけらはいらないからって間違っても藤姫にあげないように。一気に200も信じる心が下がるから。これで危うくなったんだ、立場が。いっそのこと捨てた方がマシです。これで当の八葉の心がどう動くかは不明だけど。
今回も心のかけらを探すのがあって、本編に合わせてありそうなところをウロウロしたんだけど、天真のだけ見つからず…(2周目で清涼寺にあったことが判明。1周目は結局いけなかったんだ、そこだけ)。でも、ED迎えるにはそれは必ずしも必要ではないようでした(急展開恋愛みたいなもの?)。ただ、心のかけら見つけたら想う心は一気に上がるし、イベントもあるから見つけた方がいいかも。ちなみに心のかけらは札の中にあります。詩紋(羅城門跡)、イノリ(忘れた…)、泰明(火之御子社)取っちゃって…。いらないのに…。
想う心が上がる程度でセリフが軟化するのも健在(いや、むしろこれはアンジェの方か?)。戦闘でも最後のセリフがそれによって変わるのかな?ここはまだ未確認だけど。戦闘と言えば、ミニキャラで、単純にターン1回ずつで気力を減らしていくだけ。簡単だけど、もし一撃で倒せなかったら、翌日まで引っ張るから回復する間もなく再戦で負けてしまう可能性があるのがちょいとシビアかも。でも、ミニキャラの戦いっぷりは結構可愛いです。他の神子と同じ土地で出会ったなら、練習と称してアクラムのバルーン(店頭に置いてあったら蹴倒したくなるようなやつ)を破ることで対決。ここでは各ターンが終わる毎に相手の八葉がコメントしてくれるのが楽しいかも。で、これで勝てたら相手から札を一つ、同行者の交換も出来ます。天真を連れて行かれた時にこの手段を使ったこともあります。ちなみに天真の敗北の時のセリフは可愛いです。
なんか、流れを無視してとりとめもなく書いてしまったけれど、結局のところはテンポも良く進められた、ってことです。結構はまる。今度こそ、全員制覇を狙います。
天真のEDスチルはめちゃいいです。というか、スチルは全部綺麗。水野さんが書いてるヤツだし。でも、本編が出てからもう3年経つんだねー…。そのせいかなー。天真の声がちょっと違うような。妙に丸みを帯びているような気が…。いいけど。
プレイ中はもっと色々思ってたんだけど(相変わらずツッコミどころは満載)、忘れちゃった。
とりあえず、今は2周目1500でスタートしました。今度は心のかけらを見つける天真ED狙いです。
PR
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール
HN:
アヤ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
本、CD、ビーズ、寝ることなど、好きなものが多すぎるOL。
でもおかげでかなり幸せ。
ゲームはあちこち手を出しつつ、コンプしたのは少ないかもというへたれゲーマー。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP